生産技術者のプロ資格開始に向けてプレ試験開催

数々の資格認定試験を実施している社団法人日本能率協会から、今度は、国内初となる生産技術者のためのプロ資格「生産技術者マネジメント検定(CPE:Certified Production Engineer)」が登場。8月に上場企業59社・178名の生産技術者を対象に「プレ試験」を実施、参加者の声を反映させ、11月から正式にスタートすることが決まりました。
CPE試験は、「CPE」と上位試験「CPE-ME(Certified Production Engineer-Managing Expert)の2種類で構成され、前者が11月、後者が来年2月にいずれもコンピュータを用いたCBT試験で実施の予定です。

日本能率協会といえば、2007年に購買・調達のプロ資格制度「購買・調達資格(CPP:Certified Production Professional)」を創設。生産業関連の人材育成に積極的に取り組んでいますが、今回の「CPE」もその流れの中で誕生したものです。
もともと、専門資格が少ないこの分野、生産技術業務でのキャリアアップを目指す皆さんにとってはチャレンジする価値は大。当サイトでも、後日試験の詳細をあらためて掲載する予定です。

日本能率協会:生産技術者マネジメント資格(CPE)公式サイト
試験に関する詳細は、必ず上記をご確認ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。