「貿易実務検定」取得のメリットとは?

ガイド:
ところで、実際に貿易業務に就いているかおるさんから見た、「貿易実務検定」取得のメリットとは?
取得後「こんなふうに役立った」「評価が上がった」というようなエピソードがあれば、併せてお聞かせいただきたいのですが。

かおるさん:
貿易実務の業務をしていると言っても、私がしているのはその中のごく一部であり、その前後にどんな仕事をしているのかと言うことに関して殆ど無知でした。
でもこの試験を受けたことによって貿易実務の全体像がつかめることができ、また自分がやってる業務の位置づけも知ることが出来たことはメリットですね。

全体が掴めると自分の位置も分かるようになるし、その前後の業務への流れをスムーズにするにはどうしたらよいのかと言うような自分の業務の視点ではなく、全体の視点から物事を考えられるようになったと思います。

ガイド:
確かに企業で働く場合、実際に担当する業務は、全体の一部分ということは多いですものね。

かおるさん
ただ具体的な評価については、私がいる会社は残念ながら資格手当てもなく、資格取得の際に報奨金が出ないので、目に見えるエピソードは無いのです。
でも上長には、資格取ったことの報告と、ついでに自分のやってみたい業務を言いました。
人事的なこともあるので100%叶うという保証は無いですが、資格取得をきっかけに、自分のやりたいことはっきりと伝える、という意思表示は必要だと思います。前もって意思表示をすることで、何かあったとき、考慮に入れてもらえる可能性がグッと高まると思っています。


>>「貿易実務検定」が向くのはどんな人?次ページで伺います。