検定、業界、仕事内容、貿易実務ホントのところ【1】

イメージ画像です
今回インタビューにご協力いただいた橋本かおるさん
貿易業務と聞くと、英語をバリバリ使って、世界中を相手にする「カッコイイ」仕事というイメージを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?実際、「通関士」や「貿易実務検定」などの貿易関連資格は、「仕事に活かせる資格」として根強い人気を誇っています。

とりわけ、民間資格ながら一般の貿易関連求人でも「通関士」と並んで名前が挙がる実力派でもある「貿易実務検定」は、レベルに応じた等級制を取っていることもあり、既に実務に就いている方はもちろん、これから貿易業務にチャレンジしたい!という方にとってもチャレンジしやすく、気になる資格(検定)と言えるでしょう。

そこで今回は、実際に企業で貿易実務に従事しつつ、ご自身の経験を活かした「貿易実務検定」情報サイト「貿易実務検定合格への道」を運営している橋本かおるさん(以下:かおるさん)にインタビュー。検定試験のこと、貿易業界のホントのところ、などをたっぷり伺いました。
これから「貿易実務検定」を受検予定という方、貿易業務に就きたいという方必見の情報満載です!


【掲載情報INDEX】
■2ページ目 検定挑戦のきっかけは新人のOJT担当になったこと
■3ページ目 独学では挫折?!体験したからこそ語れる試験対策


 >>かおるさんのプロフィール&「貿易実務検定」挑戦のきっかけは?次ページで伺います。