4万円以内で学ぶ「プレゼンテーションスキル」

「プレゼンスキル」を学ぼう
あらゆるビジネスシーンに役立つ「プレゼンテーションスキル」を身につけよう!
「ロジカルシンキング」「コーチング」「マネジメントスキル」「ファシリテーションスキル」等など・・・
好評「ビジネス誌でお馴染みのスキルをお小遣い価格(4万円以内)で学ぶための情報」、シリーズ第4弾は、営業職はもちろんのこと、あらゆるビジネスシーンに欠かせない「プレゼンテーションスキル」に注目します!
(お小遣い=4万円ってなぜ?答えはこちらをご覧ください!)


ところで「プレゼンテーションスキル」って?

「今日、A社のプレゼンがあるんだよ」と言えば、営業職が取引先企業に商品や企画の売り込みをかけるための「説明」のこと。
パワーポイントやOHPに代表されるツールを利用し、顧客の目の前で、商品や企画の良さ、価値を最大限にアピールすることで、自社商品の購入契約に持ち込む、というのがその目的です。
しかし、「自分は営業職ではないからプレゼンテーションスキルなんて関係ない・・・」と思ったら大間違い。

本来「プレゼンテーション」とは、一定の時間内で、与えられたテーマについて聞き手に説明すること。その対象は顧客や大人数とは限らず、日常的な「報告会」なども、これに含まれます。
「プレゼンテーション」の最大の特徴は、相手の目の前で行われるということ。書面などでは受け手側と直接コミュニケーションを取ることはできませんが、プレゼンテーションでは、聴衆の反応を直接見ることができます。そこで必要となるのが自己を表現し、相手とのコミュニケーションを通して相互理解を深め、人間関係を築くための基本的な能力である「プレゼンテーションスキル」。
一方で、この「プレゼンテーションスキル」は、必要な情報を主体的に収集・判断・表現・処理・創造し、受け手の状況などを踏まえて発信・伝達できる能力でもあり、あらゆる情報があふれている現代において、上手に情報を活用するためには必要不可欠のスキルだと言えるのです。

ひとことで「プレゼンテーションスキル」と言っても、その内容は多彩。聞き手のニーズの把握から、視覚・聴覚の効果を狙った資料作り、聞き手を惹きつける話し方など様々な要素が含まれます。だからこそ、身につけておけば、あらゆるビジネスシーンで活用可能なスキルでもあるのです。
今回はそんな「プレゼンテーションスキル」を、できるだけ手軽に、しかも効果的に身につけるための情報をお届けしましょう!

>>これなら、懐具合を気にせずにトライできそう?!いよいよ次ページで、「お小遣いで学ぶプレゼンテーションスキル」情報を「料金別」でご紹介します!