「仕事に活かせる資格」選びのポイントは、経験と資格の関連性にあり!

これから「仕事に活かせる資格」を取りたいと考えているなら、ポイントとなるのは「キャリア・経験」と「資格」の関連です。
これまでにも「転職するなら資格はこう売れ!」」「『転職に効く資格』ホントの実力」」などの記事で紹介してきたように、今、雇用市場は「経験」重視。たとえ資格を持っていても、経験が無ければ、高い市場価値は望めないのが実情です。
しかし、「資格」がまったく必要ないかというとそうではありません。時には資格を取ることで「経験の無さを補う」とか、「経験に付加価値をつける」ということも可能。だからこそ、せっかく取るなら、いかに「仕事に活かせる資格」にするかという戦略が重要なのです。
そこで今回は、あなたの目的別に、現在のキャリア・経験に組み合わせるならどんな資格が良いのか<、「キャリア・経験と資格の関連度」と「資格の専門度」にポイントを置いた「成功する資格の法則」をご紹介します。
その前に、まずは皆さんが資格を取る目的を確認しましょう。下記をチェック!

◆資格を取る目的は何?◆
専門性を深めて、今の会社or転職先でステップアップしたい
今の仕事にプラスαのスキルを身につけて仕事の幅を広げたい
副業から始めて、いずれは独立したい
月数万円でも、家計の手助けとなる副業や内職をしたい


目的別「成功する資格の法則」 まずは、「専門性を深めたい」「仕事の幅を広げたい」をかなえる「法則」を紹介します!