韓国語……ちょっと気になるなぁ、けど、難しいのかなぁ。長続きするか分からないけど、ちょっと始めてみようかな。そんなふうに、「なんとなく」勉強を始めてみられる方は多いと思います。早速書店に行って、韓国語の本を手に取り、勉強しやすそうなものを買って、ハングル文字からスタート。しかし、覚えなきゃならない文字が多いなぁ、この音とこの音の区別がつかないなぁ……、とだんだん億劫(おっくう)になってしまったりしませんか? 今回はせっかくやる気になった韓国語を続け、陥りやすい失敗を防ぎ、上達するためのヒントをいくつかお届けしたいと思います。

少しずつ、なが~く付き合って

 benkyo
気楽に、気長に
「さあ、がんばるぞ!」とやる気満々。教材を買ったは良いものの、三日坊主とはこのことか、本にしるしが付いているのは最初の数ページだけ……なんて方はいらっしゃいませんか?

がんばるぞ!と強く思いすぎると、その気持ちが逆にプレッシャーになってしまったり、語学の習得、という極めて地道な作業がまどろっこしく思えてしまい、足が遠のいてしまいがちなのです。さらには、勉強を止めてしまった自分がさらに嫌になり、「どうせ私は長続きしないんだ……」となってしまいます。これではいけません。

独学の場合は、「楽しみながらコツコツと、嫌いにならないこと」が鉄則。一大決心をして始めるよりは、自分に負担のかからないよう、日常生活の一部のようにしてしまうことがコツです。たとえばお仕事のある方は、ランチタイムの15分間、コーヒーを飲みながら。夜、お風呂に入って、化粧水をつけたあとなど、自分にとって、負担にならない時間帯、タイミングが良いでしょう。さらに言うなれば、気分転換のツールとして韓国語を使えるのがベストです。また、主婦の方などは、朝のお掃除&お洗濯が終わった後の楽しみとして、夜子供を寝かしつけて静かになったら、など、日常生活のちょっとしたスパイスとして付き合ってみましょう。

よく聞かれるのが1日の勉強時間。人によっていろんな生活形態があり、勉強できる時間は様々でしょうが、「楽しみながらコツコツと、嫌いにならない」ためには、1日20分~40分くらいでも良いのでは、と私は思います。1週間に一度や二度、「やるぞ!」と、一回何時間も勉強するよりは、日常生活に取り入れ、毎日数十分触れるのが最も良いと思いますよ。

覚えられない! といちいち落ち込まない

私は I.K.Bridge韓国語講座という韓国語学校を運営しておりますが、受講生や相談にいらっしゃる皆さんが口を揃えておっしゃるのが、「なかなか覚えられないんです。記憶力が悪いようです」ということ。その気持ち、よく分かります。私も私自身に対し、そう思ったことはありました。韓国語の勉強を始めたころ、分からない単語が出てきたら、辞書で引いてその単語に赤ペンで印をつけておいたのですが、このやり方はお勧めできません! 何度同じ単語を引くことか……。その度に、「また同じ単語を引いちゃった~。あ~、私は記憶力がないんだ。無駄なことばかりしている」と思ったものです。

しかし、安心してください! 人間は物事を忘れるためにできています(笑)。忘れるのは普通のこと。忘れた分、新しいことを吸収しているものです。また、「10個覚えようとしたら、8個忘れる」と聞いたことがあります。それを、「8個も忘れる」のではなく、「2個は覚えられる」と前向きに! 勉強を続けてください。その2個を積み上げていけば良いだけなのですよ。合言葉は、「楽しみながらコツコツと、嫌いにならないこと」ですね。

引き続き、次のページでも気長に続けられるコツを紹介しますよ。