宅地や建物の売買・賃貸借などの代理や媒介を行う者で、重要事項の説明を行うためにはこの資格が必須です。合格率は20%以下で決して簡単な試験ではないのですが、業務独占資格であるため人気の高い資格の一つです。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。