司法試験の合格者は実務経験を経て、裁判官・検察官・弁護士のいずれかになることが出来ます。本試験はまず択一式の短答試験・論文試験・口述試験に分かれており全てに通るためには数年を要するのが普通です。最近は、法曹人口を増やすために、米国のように法科大学院が設立されており、今後はこちらが主流になると思われます。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。