企業の事務書類の監査、財務に関する調査・相談・経営コンサルティングを行う資格で、司法試験と並んで最難関資格の一つです。試験は三次まであり、最終的な合格率は1%以下です。合格者は自分で会計事務所を開くだけでなく、企業の財務会計部門に勤めたり、コンサルタントになったりと多様な分野で活躍しています。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。