建築設備士は、建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行います。(財)建築技術教育普及センターが主催する国家資格で、取得のためには、大卒かつ実務経験8年以上などの要件を満たした上で、試験に合格しなければなりません。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。