小生が昨年末に書いたクローズアップ記事資格取得のための効果的勉強法に、主に資格マニアの人々のノウハウをまとめてみました。ご覧になった方も居られるかと思います。資格マニアの人々は、自身で試行錯誤の上にたどり着いた秘訣を惜しげもなくネット上で公開して居られます。これを活用しない手は無いのです。
 また、資格マニアに限らず、単一の資格を目指す方のお勉強サイト管理人の人々にも、非常に役立つノウハウを公開しておられる方が多数居られます。こういったノウハウを再度とりまとめて、さらにパワーアップさせたのが今回の記事です。
 ここに挙げたノウハウの数々は、資格取得のための効果的勉強法カテゴリにもリンクされていますので、こちらもどうぞご参照ください。

◆ 勉強法(独学か通学か?)

 自分で参考書を買って独学するのが良いのか?あるいは学校へ行って教えてもらうのが得策か?皆さんの中にも悩んだ方は多いはず。実を言うとこの問いについては、人によるという回答しか無いと思われます。ではどんな人がどっちに向いているのでしょうか?
 下表にまとめてみましたが、よく考えてみると資格学校に通学するにはそれなりのお金がかかる訳で、これを支払う能力が無ければなりません。それは資格取得に至るカリキュラムを購入することでもあります。また、当然ですが週に何回か通学の時間が取れることが必須になります

学習者のタイプ
独学派 意思が強い人。土壇場で力が出る人。定期的な時間が取れない人。
通学派 お金がある人。定期的な時間が取れる人。


 やる気を維持するには?


 どんな資格でも、簡単に取れるものはありません。あったとしても、それは世間一般で評価されるものではないでしょう。役に立つ資格というのはそれなりに取るのは難しく、時間がかかるものなのです。
 取得のための勉強期間が半年・一年とかかる場合は、最初は意欲を持って取り組んでいても、途中で挫折したり、意欲が無くなったりするケースが少なくありません。そんな時、あなたならどうしますか?

 まずは(資格試験への)エントリーからはじめるというのは、ミッションポッシブルの管理者のモットーです。どんな試験も申し込まないと受からない。当然ですね。とりあえず試験に申し込んでから勉強を始めても2から3ヶ月程度の期間は見込めますから十分勉強は出来るというわけです。そして、エントリーした試験は必ず受ける。そして難試験に挑んだ後は、結果はどうあれ自分にご褒美をあげる。そうして難しい試験を受けると言う難事業に対するやる気を維持するのです。

 楽しい資格の取り方管理者は、だれでもいいから資格試験の勉強をしていることをいふらそう!と提案しておられます。「受かったら自慢できるし、いいプレッシャーになる」といいます。これは結構勇気の要るやり方ですね。でも、確かにやる気を維持するには効果的だと思います。

<ページ1>  <ページ2>