■サイドメニュー■

単品のカテゴリーの中に、サイドメニューとデザートが載っていました。日本の吉野家と似ているようでちょっと違うメニューを見て、楽しみながら読んでみてください。

ポテトサラダです。土豆子でジャガイモの他に、田舎っぽい人の意味もあります。(日本語でもイモっぽい、なんて言いますが…)5元

日本風お漬物という意味です。
泡菜は中国風のお漬物のことですので「日式」が入っています。1元

お味噌汁です。牛丼とお揃いの小さな器に入っているのがかわいい感じです。4.5元

茶碗蒸しです。
セットメニューにも入っているので人気メニューなのかもしれません。5元


■デザートメニュー■

Green Samuraiという英語名がついています。抹茶のゼリーのようなお菓子です。8元

英語名はSnow Girlです。和菓子風のお菓子です。8元

抹茶アイスクリームです。
なぜかデザートセットには入っていませんでした。6元


いかがでしたか?

中国旅行の時に、地元の人にまじってサラッと中国語で注文してみたり、中国人の友達との話のタネにしてみたり、ただ発音練習のネタにしてみたり、いろいろなやり方で楽しんでみてください。

※なお、ここで取り上げたメニューと値段は、吉野家上海店のオープン当時のものです。随時メニューの改変や値段の変更などの可能性があることをご了承ください。


INDEX
■吉野家上海店の様子■
■メインメニュー■
■セットメニュー■
【こちらもどうぞ】
「読んでみよう!」シリーズ■周恩来総理のスピーチ■
■その他のガイド記事・コラム■
■フード・レストラン■

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。