爽かな青梅を使ったシロップ煮は、子供たちにも喜んでいただけるデザートです。
しっとりと甘さがしみ込んだシロップ煮は、これから迎える夏を元気に過ごせる滋味豊かな一品となりますね♪

゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
 
材料:青梅1kg、グラニュー糖1kg   1・梅は綺麗に洗い、一晩水に浸けてアク抜きをしておきます。
     
 
2・アク抜きをした梅を水切りをし、爪楊枝の先で梅の皮に5カ所くらい穴を開けます。
ホウロウ鍋か銅鍋に梅を入れ、たっぷりの水を加えて弱火で40分間煮ます。
 

3・煮汁に浸けたまま冷まします。
もう一度鍋の水をかえて梅を弱火で40分間煮て、煮汁に浸けたまま冷まします。
梅の皮を破かないように 注意して水を切っておきます。

     
 
4・鍋に梅を入れ上から砂糖をふりかけて、梅がヒタヒタになるまで水を加えます。
蓋をして弱火で時々鍋をゆすり30分間煮ます。煮立たせると皮が破けてしまいますので火加減に注意してください。
火を止め、鍋に入れたまま冷やします。梅をくずさないように容器に入れかえて冷蔵庫で冷やします。
2~3日おくと中まで充分に味がしみて、食べごろとなります。
  ☆シロップ液に寒天を加えて中に含め煮を入れたゼリーもこれからの季節には嬉しいデザートですね♪
     
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
☆梅の酸味は血液を弱アルカリ性に保ちます。これからの暑い季節に体調を維持するためにも梅を活用したいですね。

☆梅酒・梅ジュース・梅肉エキスは「今年も青梅に挑戦しましょう♪」からご覧いただけます。

☆梅干しづくりは「手づくりの梅料理アラカルト」をどうぞ!

前のページには「うめ醤油」と「うめ味噌」をご紹介しています♪
 
(C)June.2003 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。