山椒を使ったレシピをご紹介!

山椒を使ったレシピをご紹介!

春は「木の芽」と呼ばれ、若芽を楽しみ、吸い物や和え物に、夏は青山椒の実を佃煮や煮物などに、秋になって黒くなった実山椒は、佃煮に使ったり皮と実を使ってつくる粉山椒など、春から秋にかけて長い間楽しめる身近な香辛料です。庭の片隅や、植木鉢でも育てることができますから、我が家にも一本あるといいですね。

この時期になると、春先に咲いた可愛い花がたっぷりの緑色の実をつけはじめます。すがすがしい香りと小粒でもピリリと辛い青山椒は醤油煮、塩漬け、味噌漬けなどにしておくと一年を通して楽しむことができますね。
今回は青山椒の醤油煮をつくり、山椒入り塩昆布、青山椒とミンチ肉の当座煮、ウナギの肝の山椒煮をつくりました。では、まず山椒の醤油煮からはじめましょう♪
   

山椒の実レシピ1:山椒の醤油煮

山椒の実 レシピ
 
1.緑の色あざやかな青山椒の実(約70g)だけを取りそろえます。小枝は一つ一つていねいに取り除いておきます。
 
山椒の実 レシピ
 
2.流水で洗い、汚れを取り除きます。
 
山椒の実 レシピ
 
3.沸騰した湯に一つまみの塩を入れ、洗った山椒の実を入れ10分間茹でます。茹で上がったら、冷水に30分程さらしてアク抜きをします。
 
山椒の実 レシピ
 
4.アク抜きをした実は、充分に水切りをしておきます。
 
山椒の実 レシピ
 
5.鍋に山椒の実を入れ、酒大サジ2、みりん大サジ1、そして醤油(80ml~100ml)を加え、山椒の実がひたひたになるようにして、中火弱で煮ます。
 
山椒の実 レシピ
 
6.煮つめてほとんど煮汁がなくなったら、でき上がりです。保存ビンに入れ冷蔵庫で保存します。
 
さあ!いよいよ青山椒の醤油煮を使って塩昆布をつくってみましょう♪

これからの季節、食欲のないときには、塩昆布でお茶漬けなんて嬉しいですね♪ピリリと辛い山椒に身体がシャキッとしてきます。こちらでは塩昆布を2種類ご紹介しています。どちらも簡単につくれますので、ぜひお試しくださいね!
 

山椒の実レシピ2:山椒の塩昆布

 
山椒の実 レシピ
 
材料:昆布約50g、酢大サジ1、酒大サジ3、醤油50cc、みりん大サジ1、水は昆布がかぶるくらい。山椒の醤油煮小サジ1
 
山椒の実 レシピ
 
1.昆布を2cm角に切ります。ダシをとったあとの昆布を使ってもいいですよ。
 
山椒の実 レシピ
 
2.鍋に切った昆布、酢、酒をいれ、昆布がかぶくらいに水を加えます。弱火で昆布が柔らかく、汁気がなくなるようにゆっくりと煮ていきます。
 
山椒の実 レシピ
 
3.昆布が柔らかく煮えたら、醤油、みりんを加え、弱火で煮つめます。
 
山椒の実 レシピ
 
4.最後に山椒の醤油煮と削り節を加えて火を止めます。ざっと混ぜ合わせます。
 
山椒の実 レシピ
 
山椒がピリリと効いた塩昆布のでき上がりです。
 

山椒の実レシピ3:山椒と梅干の塩昆布

山椒の実 レシピ
 
材料:昆布50g、梅干し3個、醤油大サジ3、みりん大サジ2、酒大サジ2、山椒の醤油煮小サジ1、水80cc
 
山椒の実 レシピ
 
1.昆布は2cm角に切っておきます。梅干しは種を取りだし、粗く切っておきます。
 
山椒の実 レシピ
 
2.鍋に昆布、梅、調味料と水を加えて弱火で昆布が柔らかくなるまで煮ます。
 
山椒の実 レシピ
 
3.煮汁が少なくなったら、山椒の醤油煮を加えてさっと煮て火を止めます。
 
山椒の実 レシピ
 
柔らかい梅の酸味が昆布とぴったりマッチし、極上の塩昆布ができ上がります。







ちりめん山椒はご飯にぴったりの佃煮ですね!京都の有名店のちりめん山椒は、お味もいいけれどお値段も最高ですね。このちりめん山椒は簡単に手づくりができるんですよ!できるだけ細かいちりめんを手に入れて、ぜひつくってみてくださいね♪佃煮で嬉しいことは味を調整できることですね。塩分を控えたり、甘さを控えたりとお好みにつくれることです。
 

山椒の実レシピ4:ちりめん山椒

 
山椒の実 レシピ
 
材料:ちりめんじゃこ100g、青山椒大サジ1、昆布ダシ70cc、酒100cc、醤油大サジ2、砂糖小サジ1、みりん大サジ2
 
山椒の実 レシピ
 
1.ちりめんじゃこは、熱湯をかけて汚れを取り除いておきます。青山椒は、塩ひとつまみ入れた湯で10分程茹でて、冷水に30分程漬けてアクをとります。
 
山椒の実 レシピ
 
2.鍋にみりん以外の調味料を合わせ入れ、煮立たせます。
 
山椒の実 レシピ
 
3.煮立たせた中にちりめんじゃこを入れ、調味料がしみこみやすくなるようにじっくりと弱火で煮ていきます。
 
山椒の実 レシピ
 
4.ちりめんじゃこを煮ている汁気がほとんど無くなってきたら、ここでみりんを加えます。みりんの汁気が無くなったら次に青山椒を加えてさっと煮て火を止めます。
 
山椒の実 レシピ
 
5.大きめのザルに広げて冷まし、陰干しをします。ちりめんじゃこの水分が抜けますと、綺麗な薄茶色のちりめん山椒のでき上がりです。

最後に、冷ややっこの上にのせたり、焼き茄子にかけたり……いろいろ利用のできる「ミンチ肉と山椒の当座煮」と、山椒の実をピリッと効かした「ウナギの肝の佃煮」をご紹介します。
 

山椒の実レシピ5:山椒とミンチ肉の当座煮

 
山椒の実 レシピ
 
材料:ミンチ肉200g、山椒の醤油煮大サジ1、赤みそ大サジ1、酒大サジ1、みりん大サジ1、砂糖小サジ1サラダ油大サジ1





 
山椒の実 レシピ
 
1.鍋にサラダ油をひき、ミンチ肉を炒めます。合わせておいた調味料、山椒の醤油煮を加えます。
 
山椒の実 レシピ
 
2.焦げ付かさないように気をつけて、約3分間良く味をからめます。
 
山椒の実 レシピ
 
3.これででき上がりです。
 
山椒の実 レシピ
 
当座煮とレタスやピクルスを挟んだサンドイッチも、意外な美味しさを楽しめます♪
 
山椒の実 レシピ
 
冷ややっこ、焼き茄子に添えていただくのもピッタリです♪
 

山椒の実レシピ6:ウナギの肝の山椒煮

山椒の風味を生かした新鮮なウナギの肝の佃煮をご紹介します。なかなか手に入りにくいウナギの肝!串に刺して焼き鳥風に焼くのも良いのですが、今回は佃煮の2品を作ってみました。まず下ごしらえとして、肝を熱湯でさっと茹で、ザルに上げアクを取り除いてから煮込みます。
 
山椒の実 レシピ
 
☆醤油味の佃煮☆
材料:ウナギの肝800g、醤油50cc、酒50cc、みりん大サジ2、砂糖大サジ2、ショウガ、山椒の醤油煮大サジ1
 
山椒の実 レシピ
 
鍋に調味料を入れ煮立たせてから、肝と山椒の醤油煮を加えて中火で汁気がなくなるまで煮つめます。
 
山椒の実 レシピ
 
☆赤ワインで作る佃煮☆
材料:赤ワイン100cc、醤油大サジ3、砂糖大サジ3、山椒の醤油煮大サジ1
 
山椒の実 レシピ
 
山椒のピリッとした辛さが、ウナギの肝の美味しさを引立てています。赤ワインで煮ると、ぐっとまろやかな味になりました。

ご紹介しました山椒のアラカルトはいかがでしょうか。山椒の醤油煮を作っておけば、いろいろと使えてとても重宝しますね!


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。