フキノトウの天ぷらも春のご馳走ですが、フキノトウの後には大きな葉のフキが育ってきます。葉も茎もフキはまさに春の贈り物です。
今回はフキの葉と梅干しをつかった佃煮をご紹介します。
ほろ苦いフキと、梅干しの酸味がきいたお味は、お酒のつきだしとしても、温かいご飯にのせていただいても最高!何杯もお替わりができますよ!
普通ですと、フキを買ってきても使うのは茎の部分だけという方もおられると思いますが、大根と同じようにフキも葉っぱがおいしいんです!
そのためにも、できるだけ新鮮なフキをお求めくださいね。

゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
♪♪フキの葉の佃煮♪♪
 

材料:フキの葉5枚、削りかつお節大サジ2、酒80cc、醤油80cc、砂糖小サジ1,梅干し1コ、
作り方:1・フキの葉は水で洗い、熱湯にサッとくぐらせ細切りにします。

  2・ナベに削りかつお節、酒、醤油、砂糖を入れ煮立ったらフキの葉を入れます。
     
 
3・フキの葉を入れてひと煮立ちしたら、梅干しを入れて弱火で汁気が無くなるまで煮ます。   4・梅干しは煮ているうちに種が自然に取れます。ガラス瓶等に入れて冷蔵庫に入れ保存してください。
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
今回のページは次のように構成しました。
1:山菜の天ぷら
2:フキの葉の佃煮(このページです)
3:ノビルの醤油漬け
4:桜の花の塩漬け
5:木の芽の塩漬け
(C)Apr.2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda