いよいよ今年も残り1か月。年末を目の前に、慌ただしい日々を過ごしている方も多いのではないでしょうか。こんな時期は体も疲れているけれど、お肌の調子も最悪。夕方にもなれば乾燥するは、テカルはで、オフィスの化粧室で鏡を見ながら泣きたくなってしまうことも多々あったりして…。そんなときの緊急フォローテクニックを、花王エスト ビューティ インスティテュート薬学博士の河合さんと花王のメイクアップアーティスト、久保さんに教えてもらいました。

オフィスでメイクをチェック
疲れているとメイクのノリも最悪。気分もイライラしがちに…。

寝不足の人というのは、メイクを落とす時間もやっぱり遅いですよね。でも、お肌のためにはできれば早めに一度メイクを落とすようにしてほしいんです。というのも、ファンデーションやフェイスパウダーのような粉は、肌のうるおいを奪います。そのため長時間メイクをしたまま、冷暖房にさらされていると肌の乾燥が急激に進んでしまうんです。乾燥して粉っぽい肌は、それだけで3歳から5歳老けて見えます。もし可能なら、時間を決めて一度クレンジングをするように習慣づけると、かなり乾燥を防ぐことができます。

と言っても、外出でなかなかメイクを落とすのが難しいときもありますよね。そんなときはメイクの上からでいいので、手のひらに乳液を薄くなじませて、肌に密着させるようにハンドプレスを。ローションだけでは水分が蒸発しやすいのですが、その点油分を含む乳液なら、一品で長時間潤いを保つことができるので一石二鳥です。

化粧品サンプル
私の家にも山ほどあるサンプルの数々。もらったらポーチへ入れてしまいましょう。

そのときに活躍してくれるのが、化粧品売り場でもらうサンプル。化粧品のサンプルって旅行のときに使おうと思ったまま忘れてしまい、古くなって捨ててしまうことが意外と多くないですか?そこでもらったらすぐに化粧品ポーチへ入れてしまいましょう。そしてアフターファイブには、そのサンプルでハンドプレスを。それだけのことなんですが、毎日実行すれば、将来の肌に断然違いが出てきます。