髪のコシ・ハリを取り戻すヘアケア術

髪のコシ・ハリ
髪のコシ・ハリは、内側と外側から対処を! ていねいなブラッシングも対処法のひとつです
髪のコシ・ハリを取り戻すには、内側と外側からアプローチすることが大切です。

外側からのアプローチ

■シャンプー剤が残っていると、髪がやせる原因になってしまうことがあります。しっかり洗い流しましょう。
・参考記事:ヘアケアの基本「シャンプー」にこだわりを

■コンディショナー・トリートメントで毛表皮に皮膜をつくり、乾燥を防ぎましょう。
・参考記事:トリートメントの基礎知識と効果的な使い方

■ドライヤーは髪から20cm以上離し、乾燥し過ぎないように。
・参考記事:サロンで伝授! 髪質別・ツヤ髪ブロー術

■ブラッシングはていねいに。キューティクルを傷めるので、濡れた髪はブラッシングしないこと。ブラシ選びも大切です。
・参考記事:基本が肝心! ブロー&ブラッシング術

■パーマ、カラーは同じ日にしないこと。サロンに相談して、なるべく髪にやさしいものを使ってもらいましょう。
・参考記事:カラー・パーマが髪に与えるダメージとは?

■紫外線や風を当てないように気を付けましょう。
・参考記事:髪の日焼けにご注意! 髪も徹底UV対策

■髪をひっつめたり、逆毛を立てたり、髪や毛穴に負担のかかるヘアスタイルはしないように。

内側からのアプローチ

■バランスのよい食生活
栄養の偏りは、毛母細胞の栄養不足や新陳代謝の悪化につながります。バランスのよい食生活を心がけましょう。髪はケラチン(イオウ分を含んだタンパク質)でできています。髪と同じ成分を摂取すると効果的。次のようなものを積極的に摂取しましょう。
魚介類……アジ、サバ、イワシ、サンマ
肉類……鶏ささみ、豚ヒレ肉
良質なタンパク質……大豆、枝豆、チーズ、タマゴ
海藻類……コンブ、ワカメ、モズクなど
銅を多く含む食物……ゴマ、ナッツ類、干しエビ、きな粉など

■リズムの整った生活を送る
22:00~翌2:00は細胞が修復される時間。もちろん、毛母細胞も修復されるので、その間に睡眠をとるように、早寝早起きを心がけましょう。また、毎日適度な運動を行いましょう。全身の血流がよくなると、毛母細胞に栄養が行き届き、健康な髪が生まれます。

■ストレスをためない
毛母細胞は敏感で、ストレスを受けると円形脱毛症を引き起こすなど、すぐに表面化してしまいます。なるべくストレスをためないようにしましょう。1日30分ほどで結構ですので、「自分のためだけの時間」を持ってリラックスすると、ストレス解消につながります。リラックスタイムには、顔ヨガやヘッドマッサージがおすすめです。

まつ毛も毛髪と同じようにコシ・ハリが失われる!?

余談ですが、まつ毛も毛髪と同じように、加齢やホルモンバランスの乱れなどが原因で、コシ・ハリがなくなり、やせた状態になってしまいます。ストレスなどで抜けてしまうことも。マスカラはこすらないようにていねいに落とし、まつ毛エッセンスなどでお手入れするなど、ひと手間をかけてあげましょう。



いかがでしたか? 「髪が細いから……」とあきらめないで、ヘアケアや生活習慣を見直して、髪のコシ・ハリを取り戻しましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。