2:「セスキ炭酸ソーダ」で、できること・できないこと

「セスキ炭酸ソーダ」水溶液スプレーを使ったお掃除ができる場所と、やり方のコツをのご紹介します。

【玄関】
・ドアノブに付いた手垢を落とす
スプレーは乾いた綺麗な雑巾かウエスに拭きつけてから拭くと、垂れずに使いやすいです。詳細は一日5分で、4月は美麗ドアノブをゲット!」参照のこと。「住まい用洗剤」を「セスキ炭酸ソーダ」水溶液スプレーで代用して掃除可能です。

・照明のスイッチパネルに付いた手垢を落とす
電化製品なので、水気は最小限に。スプレーを乾いた綺麗な雑巾かウエスに拭きつけてから拭くようにしましょう。

・表札、インターホンに付いたばい煙を落とす
これも直接スプレーしないようにします。

【廊下・居室】
・ドアノブに付いた手垢を落とす

・照明器具のかさ、壁面上部に付いた「べとべとしたホコリ」や「タバコのヤニ」を落とす

電化製品周りは水気に気をつけ、スプレーを乾いた綺麗な雑巾かウエスに拭きつけてから拭くように。ビニールクロスも水気を最小限に。一度で落とせない場合には、何度か同じ部分を、繰り返し拭くようにします。詳しくは、「春こそクリアリング、真白な壁紙を取り戻す」参照のこと。

【キッチン】
・シンク、排水口、三角コーナーのぬめりを落とす
スプレーして数分置いてからスポンジやウエスでこすります。研磨剤としてここに「重曹」を加えるとパワーアップします。さらに「酢」や「クエン酸」水溶液を加えて発泡させると、洗浄力がさらに増します。また「セスキ炭酸ソーダ」には、酸性の悪臭を中和して消臭する効果もあります。

・ガスコンロ、魚焼きグリル、コンロ周囲の壁、調理台などのコゲや汚れを落とす
スプレーして数分置いてから、スポンジやウエスでこすります。多めにスプレーした場合、汚れた汁がたくさん出ますので、必ず拭き取りを行います。ステンレス調理台などで乾いた跡が目立つ場合には、「酢」や「クエン酸」水溶液でのすすぎ拭き+水拭きしましょう。スポンジは、メラミンスポンジを使うと、時間短縮に役立ちます。ただしメラミンスポンジは柔らかいプラスチックなど(白モノ家電系)には微細な傷をつけるので、目立たない場所で試してからにしたほうが無難です。

・冷蔵庫の上部、吊り戸棚や食器棚の面材、照明器具のかさ、床、壁などに付着したべとべと汚れを落とす
綺麗な雑巾かウエスに、ややしっかりめに湿るようスプレーして拭きます。乾いて跡が目立つ部分は、水拭きですすぎましょう。



>>>次ページ>>>
2:「セスキ炭酸ソーダ」で、できること・できないこと 続き