ヘアスタイルは、その時代を象徴するもの。とりわけ女性と社会、ヘアスタイルの関係は、切っても切れないものではないでしょうか。今回は、日本女性のヘアスタイルの歴史をひも解きながら、ヘアケアについて考えてみたいと思います。

櫛(くし)でとかしてヘアケアした、平安時代

新源氏物語 (中)
平安時代の女性は、黒髪を長く垂らしていました(『新源氏物語 (中) 』田辺聖子著・新潮社/文庫本
「髪を結う」という行為が一般的になったのは、実は江戸時代のはじめのこと。平安時代までは、大垂髪(おすべらかし=髪を長くたらしたロングヘア)が主流でした。百人一首に描かれている女性のように、髪の長い女性が「美人」としてもてはやされました。江戸時代のはじめごろまでは、びんの前方を切りそろえたり、ひとつに束ねたり、というくらいで、劇的なヘアスタイルの変化はありませんでした。

このころのヘアケアは、どんな感じだったのでしょうか。600年~700年ごろは、五味子(さねかづら)という植物の、つるや葉から出るねばねばの汁を髪につけ、整えたり、つやを出したりした、とされています。黒くてツヤのある髪は、昔も今も憧れなんですね。

平安時代になると、ヘアケアには、?(ゆする)と呼ばれていた米のとぎ汁が使われるようになりました。それを入れて髪を洗うための?杯(ゆするつき)という入れ物もあったようです。ただし、このころの洗髪は、1年に1回程度だったとか(いろいろな説がありますが)。とぎ汁は、シャンプーというより、櫛をとかす際に使うヘアスプレーのような感じで使われたようです。平安時代の女性が好んでお香を焚いたのは、髪のにおいを隠すためだったのかもしれません。

髪を結いはじめた、江戸時代

日本の髪型―伝統の美 櫛まつり作品集
日本髪の種類は100以上もあったとされます。表紙の髪型は「春信風島田髷」(『日本の髪型―伝統の美 櫛まつり作品集』京都美容文化クラブ編/単行本
女性のヘアスタイルを大きく変えるきっかけとなったのは、江戸時代初期に活躍した出雲の阿国(いずものおくに)だといわれています。出雲の阿国は、歌舞伎の前進となったとされる「お国歌舞伎」を舞った女性で、男性の役づくりのため、髷(まげ)を結いました。その阿国の若衆髷(わかしゅまげ)は「かっこいい」と評判になり、遊女たちの間で髪を結うのが流行ったとされています。この若衆髷から、後に、日本髪を代表する島田髷(しまだまげ)が生まれました。

日本髪の種類は100以上もあり、世相を反映する結い方が流行りました。主に、遊女から一般女性に広まっていきました。寛永(1624~1643年)ごろに流行したのは兵庫髷(ひょうごまげ)。頭に輪をひとつ作って結んだヘアスタイルです。元禄(1688~1703年)ごろになると、元禄島田髷(げんろくしまだまげ)が町娘の間で急速に広まり、兵庫髷は流行遅れとされました。

また、大衆文化によって広まったヘアスタイルもあります。明和(1764~1771年)ごろに広まったのは浮世絵に描かれた春信風島田髷(はるのぶふうしまだまげ)。江戸後期~明治(1860年代)にかけて広まったのは、芝居の「お染久松」でお染が結っていたおそめ髷。現在でいうモデルやアイドルのヘアスタイルを真似る、といったところでしょうか。

さて、江戸時代のヘアケアですが、髪を結っていたこともあり、洗髪は月に1回程度だったようです。髪を結うために、加羅油や五味子が使われました。宝暦(1751~1763年)ごろになると、櫛を逆さにして巻き込んだ櫛巻という、簡易的で経済的なヘアスタイルが主流となりました。庶民の間で、洗髪の回数が増えたせいかもしれません。シャンプーとして使われていたのは、ふのり、うどん粉、粘土、卵の白身、椿油の搾りかすなどでした。

日本髪が根強く残った、明治時代

現代語訳・樋口一葉 たけくらべ
明治時代の働く女性の象徴・樋口一葉も銀杏返しに結っていました(『現代語訳・樋口一葉 たけくらべ』松浦理英子 (翻訳)・河出書房新社/文庫本
明治時代に入ると、男性は断髪が強制的に行われて西洋化が進みましたが、女性はまだまだ日本髪が主流でした。働く女性の髪型として、銀杏返しに結う人が多かったようです。鹿鳴館以降、洋装に合う髪型が考えられましたが、日本髪をアレンジしたものに過ぎなかったようです。

次ページでは、女性のヘアスタイルが劇的に変化した時代へと移ります。