2006年5月にご紹介した「顔ヨガ・表情筋運動(フェイシャル ファーミング エクササイズ)」。たいへん好評でしたので、さらにもう2つ、頭皮と毛髪に効くエクササイズをご紹介します。

顔ヨガ・表情筋運動とは、顔の筋肉を柔軟に強く鍛えることによって、肌の衰えを防ぐ美容法で、28種類のエクササイズがあります。今回はその中から、「あごのゆるみ、たれ下がりの予防」「美しいくびを保つ」という効果があるエクササイズをご紹介します。それらの効果と同時に、首から上の血行を良くすることで、頭皮や毛髪にもよい影響を与えてくれます。

前回の記事でも記載しましたが、顔ヨガ・表情筋運動は、次のことに気をつけると、より効果があがります。エクササイズを始める前に、覚えておいてください。

■意識を筋肉に集中させましょう。
■リラックスした状態で、ゆっくりと動かしてください。
■慣れないうちは、鏡を見て運動をチェックしましょう。
■筋肉は5秒以上負荷をかけないと運動の効果がありません。ひとつひとつの動作は5秒以上かけて行ってください。

頭皮をやわらかくする顔ヨガ

ひとつめは「あごのたるみ、たれ下がりの予防」に効果がある側頭筋(そくとうきん)。を鍛えるエクササイズをご紹介します。

側頭筋は、耳の上にある扇状の筋肉で、骨についている骨格筋です。ものをかむ時に使う筋肉で、咀嚼(そしゃく)筋とも言われ、たいへん強い力があります。頭に近い筋肉ですから、頭皮の血行を促進し、頭皮をやわらかくする効果も期待できます。


(1)顔をやや上向きにして、歯を強くかみ合わせる。
(2)5秒間そのまま保ち、5秒かけてかみ合わせをゆるめ、自然の状態に戻します。
(3)イラストの黄色い部分が側頭筋です。ここが動いていることを確認しながら、3回繰り返します。

歯をかみ合わせるだけの簡単な動きですが、こめかみに手をあててみると、頭皮が動いているのがわかることと思います。

次ページでは、首の血行をよくする動きをご紹介します。