EOS KissデジタルN対D50 南海の大決戦!

この夏のボーナスで「いよいよデジタル一眼レフ!」と意気込んでいる方も多いだろう。
その中でももっとも気になる存在がキヤノンのEOS KissデジタルN(以下EOS KissN)とニコンのD50ではないだろうか。
価格という面では同程度のものが他メーカーにも存在するが、やはりアクセサリやサードパーティのアイテムの豊富さではこの2社が抜きん出ている。
多くの読者が購入候補にしているのも、この2機種ではないだろうか。
というわけで、今回はこの2機種を特にピックアップして比較を行ってみた。

キヤノン
EOS Kiss デジタルN
市価 119,800円
発売日 2005年3月

ニコン
D50
市価 109,800円
発売日 2005年6月

上記の市価はレンズキットの価格だ。多くのユーザーがこのレンズキットを購入すると思われる。
記事中の写真はレンズキットを使用して撮影したものだ。また、撮影速度なども測定しているが、これも同様にレンズキットのみを使用した結果である。

スペックには大差はない

まずは大まかにスペックの比較をしてみよう。

スペックEOS KissND50
画素数800万画素600万画素
メモリーカードCFタイプ1/2SDカード
液晶ディスプレイ1.8型2.0型
AFエリア7点5点
インターフェイスUSB 2.0USB 2.0

画素数は600万画素と800万画素。1.33倍の差があるが、これには本質的な差はないと見てしまっていい。A3以上の大きさに印刷するというのであればまた別だが、通常の使用に際しての違いはほとんどないからだ。
AFエリアは多いに越したことはないという意見もあるが、これもあまり本質的な違いとは言いがたい。7点と5点を比べてどちらがどうというのはナンセンスだ。
基本的なスペックの差異はほとんどないといえるだろう。

D50はSDカードを採用

そんな中、もっとも大きな差異はメモリーカードだ。
コンパクトスタイルのデジタルカメラからのステップアップの場合、SDカードのほうがより容易ではある。ただ、ニコンのコンパクトスタイルデジカメはコンパクトフラッシュのものが多いのだが……。

D50はSDカードを採用している。

スペック的に大きな差異はない。そこで重要になってくるのが、それぞれの細かな違いや性能差だ。それらを探っていくとしよう。
まずは、デジタル一眼レフの大きな特徴でもある連写性能を見てみよう
Page2へ)

・Page1 D50対EOS KissデジタルN!
・Page2 まずは連写性能を比較してみよう
・Page3 EOS KissデジタルNは小さいが……
・Page4 ホワイトバランスをチェック!
・Page5 怒涛のバッテリーライフテスト
・Page6 液晶ディスプレイ他
・Page7 初心者用デジタル一眼レフ、勝者は!?
・Page8 D50/EOS KissデジタルN実写比較画像

1 2 3 20 30