手ぶれを防ぐ基本テクニック

さて、前回の記事はデジタルカメラは画像が大きいため、手ぶれを起こしたことがすぐにわかってしまうというものだった。
それでは、手ぶれを防止するにはどうすればいいか。今回はこれについて書いていこう。

手ぶれ防止の基本として

基本中の基本として、覚えておいたもらいたいことがひとつある。
それは「カメラを宙に浮かさない」ということだ。
カメラを不安定な状態にしておくことが手ぶれを生み出す。
逆にいえばなんらかの方法で、カメラを安定させれば手ぶれは激減するのだ。

ただ、デジタルカメラは液晶ディスプレイという、いままのでカメラにはなかったものがあるため、撮りかたも多少変則気味にならざるをえない。
が、撮影の基本としてはいままでのフィルムカメラのそれと大きく変わりはない。

・1 三脚を使う。

手ぶれはなぜ起きるのか?
実に簡単なことではあるが、シャッターが下りている間にカメラ本体が動いてしまったことが手ぶれとして記録されるのだ。
つまり、手ぶれを防止するにはカメラを固定しておくこと。
これに尽きる。

その方法として最も簡単、かつ確実なのが三脚を使うことである。
ディスカウントショップで売られている数千円のものでもいいし、プロユースの数万円するものでもいい。
重量や固定のしやすさに違いがあるだけで効果はほとんど変わらない。もちろん、ミニ三脚もTPOを選んで使うのであれば大活躍する。

ただ、手持ちのカメラの重量と見合わないミニ三脚は意味がないので、そのつもりで。
また、あるていどのフットワークが必要とされるのであれば、一脚も使える。

三脚は基本中の基本。ぜひ買っておきたい。ミニ三脚も非常に使えるアイテムである。

しかし、三脚をいつも持ち歩けるというわけではない。
そこで身近なものを利用してカメラを固定するテクニックが有効となってくるのだ。
次ページでは、基本的なテクニックを紹介しよう
(Page2へ)
Page 1手ぶれを防ぐ基本は三脚
Page2 手ぶれを防ぐ基本テクニック
Page3 手ぶれを防ぐ究極テクニック(?)
Page4 液晶ディスプレイにはこのアイテムを
■関連ガイド記事
デジカメはピンボケ製造機?
ペットの撮りかた 室内編
この夏おすすめのデジ一眼は?
被写界深度ってなに?
CCDのひみつ
デジタルと光学、ズームの違い