それは購入相談からはじまった
筆者がカメラ、それもデジタルカメラに詳しいことは友人の間でもそれなりには有名で、購入相談をけっこう受けることがある。
予算、用途にしたがってお勧めのデジタルカメラをいくつか挙げ、本人の好み──カメラ本体の色や質感、あるいは写真を撮るときにおいて大事にしたい部分など──を確かめた上で決定する、というような経緯をとることが多い。

だが、今回はとてつもない失敗を招いてしまった。旅行先で撮影したすべての写真がピンボケだったというのだ。
しかし、購入を勧めた機種でピンボケが続発するなどという話は聞いたことがない。
実際の画像を見せてもらったところ、なんとすべての写真で手ぶれが起きていた。そう、手ぶれをピンボケと思い違いされていたのだ。
しかし、すべてのデジタルカメラは手ぶれを起こすものなのだろうか? その秘密は500万画素という高画素の中に秘められていた……。



つい先日、知り合いからデジカメの購入相談を受けた。スペックの希望を聞くと、ざっと以下のような項目にまとめられるものだった。

・一眼レフにするつもりはない。
・光学ズームは欲しい。
・動画はあってもなくてもいい。
・画素数にこだわりはない。
・予算はメディア等もあわせて10~15万円。
・質感的に満足できるものがいい。
・メーカーにこだわりはない。
・用途は旅行先での記念写真あたりがメイン。

比較的予算に余裕があるので、選択の幅はかなりある。
見た目の好みを聞いたところ「オーソドックスなものがいい」とのこと。さらに最近、流行の超小型はちょっと気に入らないのでパス──というような感じでいろいろと相談の結果、最終的には筆者も以前に使っていたことのあるデジタルカメラの後継機で決まったのである。

スペックは500万画素で3倍ズーム……っと仕様を書きすぎると具体的な機種名までわかってしまうので、このていどにしておこう。
とにかくコンパクトタイプの高級機に決まった。このクラスのデジカメであれば、操作性も含めてたいがいの製品には問題がない(ことが多い……問題があることも稀にある)。
候補を絞れたところで、実物のチェックは必要だ。筆者と相談者は有楽町の某大手カメラ店に向かった。
店頭でお勧めした機種の実物をチェックしていただき、モノとしての質感にも満足であったということで購入。
その他には旅行で使うということを考慮して、最大画素数でも撮影枚数に余裕のある512MBのコンパクトフラッシュを同時購入。さらに急速充電器、予備の充電池を2セット買って12万円ていどでおさまったのだ。
充分に満足の行く買い物だった……で、終わっていればこんな記事にはなってはいない。
(Page2へ)

それは購入相談からはじまった
記念写真が全滅!?
デジカメ画像の中には魔物が棲んでいる?