12倍ズーム搭載で手ぶれ防止機構つき!

DMC-FZ1/FZ2で他社同ジャンル機の一歩上を行くパナソニックの12倍ズーム搭載機が400万画素になってあらゆる意味でスケールアップ!
もちろん、手ぶれ防止機構もありで初心者にやさしい仕様。
ただ、その外見にはちょっと驚くかもしれない。
パナソニック LUMIX FZ-10
定価オープンプライス
市価(2003年10月現在)69,800円
発売日2003年10月24日

CCDとともにレンズも巨大化!

「うわ、デカっ!」
まず、パッケージを開けての第一声がこれだった。
DMC-FZ1/FZ2の大きさを知っていたこともあって、「まあ、大きくなったとしても一回り大きくなったというところかな~」ていどに考えていたのだが、これが大きな間違い。

DMC-FZ2と比べると「ドデカい」としか形容のしようがない。
それもそのはず、12倍光学ズームでありながら全域開放F2.8というレンズを搭載しているのだ。
いくらデジタルカメラが銀塩に比べて望遠に有利とはいえども、このレンズはなかなかすごい代物だ。

同梱されているレンズフードを装着した図。筆者の中でモビーディックと命名された。

DMC-FZ2から全域F2.8という性能を引き継いだともいえる。
しかし、CCDを大型化しながらも同じF値をキープするためには、レンズも大型化する必要がある。バランスの面でも非常な苦労があったはずだ。
そういった苦労をしつつも全域F2.8というスペックを実現したことには素直に敬意を表したい。
200万画素のDMC-FZ2と並べてみた。レンズの大きさは圧巻だ。

あらゆる意味でスケールアップ?

では、まずはそのスペックを俯瞰してみよう。
レンズは35mm換算で35-420mm、そしてデジタルズームが3倍。最大で1260mm相当ということになる。
また、パナソニック独自の手ぶれ防止機構が組み込まれている。
これによって、かなり遅いシャッター速度でも安心してシャッターを切ることができるようになっているのである。

ざっとスペック的にはすべての面で他社の10倍ズーム搭載機を上回っている製品となったわけだ(が、値段も一回り上のレベルになってはいるのだが)。

大きなレンズのため、フラッシュは高く掲げられるようになった。

採用メディアはもちろんSDカード。
そして撮像素子にはDMC-FZ2の200万画素から大きく増えた400万画素CCDを搭載している。
単に画素が増えただけではなくCCDのサイズも一回り大きくなっている。特に解像感において期待が持てそうだ。

一回り大きな12倍ズームの力を試してみる。

さて、12倍ズームの威力はいかほどのものか、なにはともあれ試してみよう。
(クリックで実画像表示)
ワイド端(35mm相当)光学テレ端
(12倍/420mm相当)
デジタルズーム使用(36倍/1260mm相当)

やはり、10倍ズームよりも一歩踏み込んだ望遠が魅力だといえる。

そしてもうひとつの目玉機能である手ぶれ補正機能を見てみよう。
(クリックで実画像表示)
手ぶれ補正オフ
(12倍/420mm相当)
手ぶれ補正オン(12倍/420mm相当)

やはり手ぶれ補正機能の威力は凄まじい。
雨交じりの曇天の中、望遠端で撮影したという手ぶれの出やすい条件ではある。しかし、これほどまでに如実に効果が出るとは思わなかったほどだ。

次ページではレンズ以外のDMC-FZ10の性能を見てみたい。
(Page2へ)
モービディック登場!
12倍ズーム+手ぶれ補正+400万画素=FZ10
家電企業による憎い心配り
LUMIX DMC-FZ10 実写画像&スペック