デジタルと光学ズーム、なにがどう違うの?

デジタルカメラの説明をするときに、いつも困ることのひとつとして挙げられるのが光学ズームの違いとデジタルズームの違いだ。

「3倍デジタルズームと3倍光学ズームってあるけど、なにがどう違うの?」

これが特に電話での話であったりすると、答えようがないほどの難問になる。ビデオカメラをある程度使いこんでいるユーザーにはわかってもらえるが、そうでない人に分かるように解説するのはほぼ不可能だ。実画像があれば、すぐにわかってもらえるのだが……というわけで、今回の記事は実画像を使ってデジタルズームの解説をしたい。

しかし、ここで問題がある。デジタルズームは、多くは光学ズームの補佐的存在として搭載されている。あるいは、光学ズームがまったくない機種、あるいは多くの携帯電話などにも搭載されている。

というわけで、同じ機種で光学ズームとデジタルズームを同じ倍率で行なって画像を比較するということは基本的に不可能なのだ。

やむをえず、擬似的な環境を揃えることとした。技術的に行なっていることは同じなので納得していただきたい。

下の画像は左が光学ズームの70mm相当で撮影した画像、右が35mm相当で撮影した画像をレタッチソフトで4倍に拡大し、該当部分をレタッチソフトでトリミングしたものだ。これで一応は4倍のデジタルズーム相当の画像となる。


デジタルズームの正体はトリミング

そう、デジタルズームとは撮影した画像を引き伸ばし、切り抜いたものなのだ。いわゆる『トリミング』と呼ばれる技法だ。それに比べると、光学ズームは望遠鏡を覗いているのと同じである。つまり、画像の劣化がないわけだ。

さて、このトリミングがなにを起こすか、画像を参照していただきたい。

光学ズーム

光学ズーム


デジタルズーム

デジタルズーム相当


……っと、縮小した画像では違いが分からないかも知れない。ではバラの花がどのような描写になっているか、実画像と倍率を同じにして切り抜いたものを見ていただこう。
光学ズームで撮影したもの。水滴も綺麗に見える。

光学ズームで撮影したもの。水滴も綺麗に見える。


デジタルズーム相当。拡大したためにノイズがひどい。

デジタルズーム相当。拡大したためにノイズがひどい。


実際の画像を見てもらえれば一目瞭然だろう。画像のメリハリや色の再現性、その他もろもろ。特にノイズはひどいことこの上ない。

光学ズームとデジタルズームは比べるべきものではない。筆者はデジタルズームを周囲に勧めていないが、その理由が分かってもらえるはずだ。

それでは、デジタルズームは一切使わないほうがいいのだろうか?