刻んだいちごは焼き上がった断面でジャムのようにとろけ、キルシュと桜花がほのかに香ります。文句なしのカワイサ。焼きたてよりも、一晩冷蔵庫で寝かせた方が美味しいです。

お砂糖控えめレシピです。甘いのが好きな方はあと10~20グラム増やしても良いかもしれません。焼くと多少ふくらむので、パウンド型の8分目くらいまで生地を流しましょう。
もしもボウルにまだ生地が残っていたら、ミニパウンド型やマフィン型で焼いて下さいね。

いちごと桜花のパウンドケーキ
21*8*6センチのパウンド型1台分
  • 無塩バター 150グラム+α(型に塗る用)
  • グラニュー糖 90グラム
  • 卵 3個
  • 薄力粉 150グラム
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • レモン汁 1/2個分
  • いちご 150グラム
  • キルシュ 大さじ3
  • 桜の塩漬け 14~15輪
  1. 桜の塩漬けは塩を洗い流した後、大きめの器に入れてたっぷり水を張り、塩抜きしておく。無塩バターは室温に戻しておく。型にバターを塗り、薄力粉(分量外)をふって余分な粉をはたき、冷蔵庫で冷やしておく。卵を溶きほぐす。いちごは7~8ミリに刻んでキルシュと分量の中の砂糖を大さじ2をふりかけておく。薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。オーブンを190度に予熱する。
  2. ボウルにバターを入れ、泡立て器で軽くほぐし、グラニュー糖を2,3回に分けて入れながらなめらかなクリーム状になるまですり混ぜる。
  3. 溶き卵を数回に分けて加え、しっかりと混ぜ合わせる。最初に加える卵はほんの少量。(分離しやすいので)
  4. ふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え、ゴムベラに持ち替えてさっくりと混ぜ合わせる。
  5. レモン汁、キルシュ漬けのいちご(汁ごと)、刻んだ桜花を生地に混ぜる。(あまり細かく刻まないこと。香りと塩気を感じられる程度に。また、数輪を残しておいて型に流した後表面に飾りましょう。)
  6. 型に流し入れて桜花を数輪飾り、熱しておいたオーブンに入れて15分焼く。170度に温度を下げ、15~20分焼く。竹串を刺してみて何も付いてこなければ焼き上がり。
~ BGM for Strawberry&CherryBlossom Cake この料理と一緒に聴きたいCD~
バッハ:イタリア協奏曲
(グレングールド)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。