クリスマスの工作を親子で楽しもう!空き箱サンタクロースの作り方

クリスマス工作におすすめ!簡単、空き箱サンタクロースの作り方

画像左は三角サンタ、右は長方形サンタ。壁掛けにしたり、ツリーのオーナメントにも

空き箱を使った、サンタクロースの作り方を2種類ご紹介します。簡単に作れますので、家族みんなでクリスマスのエコ工作をお楽しみください!大きさをアレンジすれば、ツリー用の飾りにもなりますよ。
 

クリスマス直前でも間に合う、簡単サンタクロース工作の材料

空き箱サンタ材料
捨ててしまう空き箱で、冬のエコ工作。余った毛糸やリボンがあれば、それも活用
難易度:★★☆☆☆
【準備するもの】
■空き箱
■折り紙、または絵の具
■綿
■のり、手芸用ボンド
■はさみ
■毛糸、リボン など

空き箱は、広げて平らにしておきます。準備するものは、作るものによって違いますので、詳しくは以下の手順を参考にしてください。
 

1.クリスマスツリーの飾りにも!サンタのデコレーション

空き箱サンタ1
 
【手順1】
型の説明をします。画像左の三角形は、帽子で1枚。赤い箇所は糊しろです。右側の長方形は、顔、胴、腰と3枚準備します。大きさの目安は、三角形は底辺が8センチ、長方形は8×6センチです。




 
空き箱サンタ2
 
【手順2】
空き箱に型を下書きし、カットします。






 
空き箱サンタ3
 
【手順3】
表になる面の、顔になる長方形には肌色、他は赤色の折り紙を貼ります。今回は空き箱の色が濃かったので、絵の具だと色がきれいに塗れなかったので、細かくカットした折り紙をボンドで貼りましたが、空き箱によっては、絵の具で色を塗っても。



 
空き箱サンタ4
 
【手順4】
顔に帽子を貼り合わせます。顔の周囲に綿を貼って、ヒゲに。目と鼻用にカットしたペーパーも貼ります。





 
空き箱サンタ5
 
【手順5】
手と足は、毛糸を三つ編みにした物を利用しました。足の先には、ペーパーを靴風にカットした物を貼っています。





 
空き箱サンタ6
 
【手順6】
顔、胴、腰のそれぞれのパーツは、リボンで画像のようにつなぎました。





 
空き箱サンタ7
 
【手順7】
裏側から見るとこんな感じです。毛糸とリボンは、裏側からテープで貼っています。





 
空き箱サンタ8
 
【手順8】
出来上がり。サイズをアレンジすれば、ツリーの飾りにも。壁に飾ってもかわいいですよ。





 

2.三角サンタクロースはそのまま置いてもかわいい!

 
三角サンタ1
 
【手順1】
型の説明をします。底辺が10センチ、底辺から頂点を結ぶ辺が12センチの三角形を書きます。その周囲に、箱になるように画像のように周囲を取ります。画像赤線は、折り線です。




 
三角サンタ2
 
【手順2】
空き箱に型を下書きし、カットします。






 
三角サンタ3
 
【手順3】
表側になる面に、折り紙を貼ったり、絵の具で色を塗ったりして、赤くします。





 
三角サンタ4
 
【手順4】
帽子の飾り、眉、目、鼻、ひげをペーパーをカットして準備します。ヒゲは、切り込みを入れておきます。





 
三角サンタ5
 
【手順5】
ベースになる三角形を箱になるように折って、裏側からテープで留めます。





 
三角サンタ6
 
【手順6】
手順4でカットしたペーパーを貼って、顔の表情を作ります。






 
三角サンタ7
 
【手順7】
眉と帽子の飾りには、綿を貼りました。






 
三角サンタ8


 
【手順8】
左は、さらに大きなサイズで作ったもの。左は絵の具を塗って、右は折り紙を貼って、赤くしています。そのまま置物にしたり、小さく作ってツリーに飾っても。







【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。