ミニツリーの作り方……小さくてもゴージャスなクリスマス小物 

リボンツリー中央
メッセージを切り抜いたカードをワインボトルに。花びらやビーズを置けば、お好みの色のテーブルコーディネートもあっという間。
今回は、クリスマスシーズンに大活躍しそうな「ミニ・リボンツリー」の作り方をご紹介します。小さくても存在感はバッチリ。お好きな色で作ってテーブルコーディネートにお役立てください!リボンと空きペットボトルがあれば、すぐに作れますよ。巻末に、テーブルをお好みのイメージに仕上げるためのプチ・アイデアもご紹介しています。
   

今から間に合う、クリスマス小物

リボンツリー準備
ラッピングはもちろん、小物作りにも大活躍のリボン。ガイドはイベントが重なる時は、数種常備しています
【準備するもの】
■リボン数種
■空きペットボトル
■はさみ
■針と糸
■テープ など

リボンはツリー用には2.5センチ幅を4メートル、飾りのお花用には1.5センチ幅を用意しました。お花ひとつにつき、25センチほど必要ですのでお好みの長さをご用意ください。ペットボトルは330mlのものを使用。以上の材料で、高さが10センチほどのツリーが出来上がります。
 

リボンがすべらないように、しっかり折り畳んでいきます

リボンツリー1
 
【手順1】
ツリー用のリボンを半分に切り、2本にします。それぞれの両端を画像のように90度に重なるように合わせ、縫い留めます。
 
リボンツリー2
 
【手順2】
交互に折り畳んでいきます。(左側のリボンを右に、下側のリボンは上へ。次に右にきたリボンを左に、上は下へ……)リボンがすべったり、たるんだりしないよう気をつけながら、しっかり折り畳んでください。またリボンが重なる部分は常に90度を保ちます。
 
リボンツリー3
 
【手順3】
繰り返し折り畳んでいくと、画像のような状態になります。畳み終わりも、縫い留めます。
 
リボンツリー4
 
【手順4】
ペットボトルを適当な大きさに切ります。ガイドは上部10センチほどを使用。切り口は、そのままだと少し危ないのでテープを貼って処理しました。
 
リボンツリー5
 
【手順5】
折り畳んだリボンをペットボトルに巻きつけていきます。まずボトル下部にリボンをテープで固定します。しっかりと1~2重ほどボトルに巻きつけ、ところどころテープで固定しながら徐々に上へと巻いていきます。
 
リボンツリー6
 
【手順6】
出来上がり。巻き終わりは形を整えて、テープで留めるか、ペットボトルの口に押し込みます。
 
今回は普通のリボンを使用しましたが、ワイヤーが入っているものを使用すると、さらに簡単にきれいに仕上がります。リボンの幅や長さはお好みですが、あまり細すぎると作りにくいかもしれません。
リボンで作ったお花の他にも、ビーズなどを飾ってもステキです。
 

リボン・フラワーでさらにステキなミニツリーに

アイデア次第で使い道はイロイロ、応用の幅が広いリボン・フラワー。大きく作れば、コサージュにもなりますよ!
 

リボンフラワー1
 

【手順1】
巻き始めは、つまようじなどを芯にして、2~3重ほどしっかり巻きます。今回は幅が狭いリボンを使用したので、芯につまようじを使用しましたが、大きめに作るならお箸など少し太い芯の方がいいかもしれません。
 
リボンフラワー2
 
【手順2】
時々リボンをねじりながら巻いていきます。
 
リボンフラワー3
 
【手順3】
ある程度の大きさになったら、リボンを芯からはずし、下部を形が崩れないように縫い留めます。さらに形を整えながら、巻いては縫うを繰り返します。
 
リボンフラワー4
 
【手順4】
出来上がり。リボン・ツリーのお好みの箇所に置きます。落ちるようなら、テープなどで留めてくださいね。
 

ちょっとオマケ。テーブル小物のプチ・アイデア

ホームパーティなど、その日だけお部屋を華やかにしたい、という時に活用できるアイデアです。カラースプレーがあれば、あとはその場にあるもので出来上がり!
 
ノエルスプレー1
 

【手順1】
落ち葉や木の実、フルーツなどにカラースプレーを吹きかけていきます。まわりに飛び散るので、新聞紙などをひいておく。
 
ノエルスプレー2
 
【手順2】
しっかり乾かして出来上がり。お皿やかごに盛り付けたり、また画像のようにテーブルに無造作に置いておくだけでもパーティ気分が盛り上がります。
 
ガイドは2ユーロ(約300円)ほどのカラースプレーを使用していますが、気軽に楽しむにはその程度の値段のもので十分です。あとは子供と一緒に拾った木の実などを利用。手抜き&安価な手作り小物ですが、なかなか華やかです。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。