空き箱やペットボトルで、編み針いらずのリリアン編み

リリアン材料
作りたいマフラーによってイロイロですが、ミニマフラーなら、1~2玉の毛糸で出来ますよ
難易度:★★☆☆☆
【準備するもの】
■空き箱や空きペットボトル
■毛糸
■割り箸
■テープ、ガムテープ
■はさみ など

空き箱は、編んでいる途中にしならないように、丈夫なものをご利用ください。使う空き箱や、毛糸の太さ、割り箸の間隔によって出来上がりのサイズも変わってきます。参考までに、1ページ目のマフラーは、タテ12センチ×ヨコ16センチの空き箱を利用しました。ペットボトルで作るリリアンは、幅が少し細いので、三本編んで、三つ編み風に束ねてマフラーにするといいかもしれません。


まずは、編み機を組み立てましょう

空き箱やペットボトルに割り箸を奇数本付けて、編み機を組み立てます。
自家製リリアン1
【手順1】
ペットボトルを利用する場合は、上下をカットして、筒状にします。切り口が危ないようなら、テープを貼っておきます。空き箱の場合も同じく、底をカットし筒状にします。画像のように、割り箸を、切り口から2~3センチだし、テープで仮止めします。

自家製リリアン2
【手順2】
割り箸の間隔はお好みですが、参考までにガイドは、ペットボトルは2.5センチ程、空き箱の方は3.5センチ程開けました。割り箸は全部で、奇数本付けます。全ての仮止めが終われば、ガムテープなどで、しっかりと固定します。

自家製リリアン3
【手順3】
画像左は1.5リットルのペットボトル、右は空き箱(タテ約12センチ×ヨコ16センチ)の編み機。1ページ目のマフラーは、右側の空き箱を利用して、かなり太めの毛糸で編みました。

自家製リリアン4
【手順4】
毛糸の太さや、割り箸の間隔によっても違ってきますが、参考までに出来上がりサイズの目安です。画像左の青い方は、ペットボトル(手順3の画像左)で編んだもので、幅は約4.5センチ。同じく右側の緑色の方は、空き箱(手順3の画像右)で編んだもので、幅は約7.5センチ。

いよいよ >>次のページ から、編み方の手順をご紹介します!