ビニール素材でエコバッグやプールバッグを作ろう

ビニールバッグ画像中央
丈夫で水にも強いビニール素材。家庭用のミシンで縫ってもいいのかしら?なんて思っていませんか
ビニール素材って、縫うのが難しそう…と思っていませんか?実はひと工夫すれば、家庭用ミシンでも、簡単に縫うことができるんです。今回は、汚れがサッと拭けるビニール素材で、手さげバッグを作ってみました。エコバッグやプールバッグにも最適です!
 

ビニールバッグは市販の綿テープを持ち手に利用すれば、さらに簡単

ビニールバッグ準備
キャラクターがプリントされたビニール素材を使えば、子供も大喜び
難易度:★★★☆☆
【準備するもの】
■布(ビニール素材)
■綿やアクリルテープ(持ち手用)
■ミシン(針、糸)
■はさみ など

今回ガイドが作ったのは、出来上がりサイズ約35×40センチ、マチは約10センチ。ビニールコーティングの生地を使用しました。持ち手には、綿やアクリルテープ、カラーベルトなどを利用します。
 

ビニール素材の手さげバッグの作り方!縫い方のコツとは

ビニールの縫い方
生地が送りにくく、ミシンでは縫いにくいビニール素材。今回は、ハトロン紙を乗せて縫ってみました
ビニール素材を縫う方法は、まず押さえをテフロン押さえに交換する方法があります。こちらは手芸店などで、1,000円前後であると思います。もしくは、トレーシングペーパーやハトロン紙などの薄い紙を上に乗せて(縫いにくければ下にも)一緒に縫う方法があります。今回は、この方法で縫ってみました。
紙がずれないように、生地に固定するのですが、マチ針の穴が目立ちそうだったので、テープで紙を固定しました。テープを縫ってしまわないように気をつけてくださいね。後で取るのに、ひと苦労します。生地の縫う場所に紙を固定し、そのままミシンで縫って紙をはずします。ミシンはいつもより、少しゆっくりめにかける方がいいと思います。
針は今回、通常のものを使用しましたが、厚みや固さによっては、皮革用針や厚地用針を用いた方がいいかもしれません。心配なようなら、生地を購入する際に、お店の方に尋ねてみてくださいね。
 

ビニール手さげバッグの作り方手順

大きさや、持ち手の長さは、お好みで調節してくださいね。
ビニールバッグ手順1
 
【手順1】
生地を準備します。型は
■袋本体…出来上がり線:35×80センチ、縫い代:脇 各1センチ、入れ口 各3センチ。縫い代線で布を裁ちます。タテ幅(80センチ)の半分の箇所が、底線になります。
■持ち手…幅2.5センチの綿テープを、40センチ×2本準備

 

ビニールバッグ手順2
 
【手順2】
入れ口を出来上がり線で、内側に折ります。アイロンはかけられないので、手で折り目をしっかりつけます。マチ針のかわりに、テープで仮止めしました。持ち手をバランスよくつけます。入れ口の横幅の中心に印をつけ、中心から各7センチずつとって、持ち手をつけました。折り目の下線に(入れ口から3センチ下の箇所)、持ち手の両端をあわせます。

 

ビニールバッグ手順3
 
【手順3】
入れ口の端ぎりぎりと、入れ口から2.5センチほどの所と2箇所縫います。

 

ビニールバッグ手順4
 
【手順4】
生地を底の線(タテ幅の半分)で折って中表に合わせ、脇を縫います。

 
 

ビニール手さげバッグの作り方……大き目マチをつけたら出来上がり

ビニールバッグ手順5
 
【手順5】
マチの準備をします。画像の赤線の箇所を縫います。

 

ビニールバッグ手順6
 
【手順6】
マチで縫う箇所の拡大です。脇の縫い代を中心に、10センチとって縫い(画像の赤線)、そこから1センチほど離してもう1本(画像の黒線)縫います。2箇所縫い終われば、余分な所を切ります。

 

ビニールバッグ手順7
 
【手順7】
表にひっくり返して、出来上がり。
 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。