リングの結び方

リングは以下の手順で結んでも、または結んだリボンにリングを通しても、どちらでも使いやすいように。何度か練習してみてくださいね。
リングピロー結び方1
【結び手順1】
指輪をリボンに通します。

リングピロー結び方2
【結び手順2】
リボン結びをします。

リングピロー結び方3
【結び手順3】
完成。結ぶ場合は、あまりきつく結びすぎないようにしてくださいね。結ばない場合は、出来上がったリボン結びをリングに通して使用します。


応用編・ハート型のリングピロー

リングピロー応用1
【手順1】
画像は縫い線。中央の縦線が約18センチ、横幅の一番広い箇所が約22センチ。縫い線を布の裏側に引き、縫い代を1センチほどとり、布を裁ちます。2枚準備します。

リングピロー応用2
【手順2】
布の一枚の表側に、レースを置きます。縫い線より、2~3ミリほどはみ出すように置き、しつけ縫いしておきます。

リングピロー応用3
【手順3】
手順2の補足です。レースは、出来上がった時に外側にくる向きが、この時点では内側を向いています。

リングピロー応用4
【手順4】
もう一枚の布を、中表に合わせます。先ほどしつけ縫いしたレースも、中に挟まれた感じです。返し口を5センチほど残し、周囲を縫います。ひっくり返す前に、ハートのカーブ部分と凹部に、切込みを入れます。

リングピロー応用5
【手順5】
返し口の処理ですが、まずレースだけ、しつけしていた布に縫い付けます。綿を詰めたあと、目立たないようにかがります。

あとは前ページの長方形のリングピローと同じく、綿をつめ、返し口をかがり、リボンを縫い付けます。レースは少し長めにつけ、仕上げに、両先端を縫い合わせます。やわらかいレースの方が、ハートのカーブがうまくでると思います。きれいにカーブがでない場合は、レースをぐし縫いされてもいいかもしれません。

【関連記事】
  • ビーズやスパンコールのつけ方はコチラ
  • チープさがカワイイ! キラキラ夏Tシャツ

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。