仕事や趣味でデジカメを使う方も多いと思います。最近のデジカメはシャッターを押すだけで綺麗な写真が取れるものも多いですが、一眼レフタイプになると、いろいろ技術も必要になってきます。今回は、デジカメの腕を上げたい!と思っている方にデジカメ検定をご紹介します。

デジカメ検定の概要

デジタルカメラエキスパート検定は、ヤフー上で受験できるデジタルカメラマガジン認定の検定試験です。デジカメを使って仕事や趣味の写真を撮る方から、コンテストに応募される方まで幅広くスキルを認定します。本検定試験では、次の3つのカテゴリから出題されます。
itkeiei
デジカメ検定で腕を上げよう!


■撮影技術
マクロや小物の撮影技術、ホワイトバランス、スポット測光などの技術。
■写真の知識
画像サイズと画素の概念、レンズとアクセサリー、被写体と写真表現などの知識
■メカニズムと写真の加工
デジカメのメカニズム、周辺機器の活用、記録メディアの種類、パソコンへの取り込みなど。

また本検定試験には、レベルに合わせて3級から1級までの段階があります。

■3級(アマチュア・初心者向け)
撮影の基礎知識や周辺機器、記録メディアの使い方を理解しているか。
■2級(中級)
構図は背景処理、マクロ撮影などデジカメの撮影技術や写真の印刷方法などに関するスキルがあるか。
■1級(上級・プロを目指す方)
デジカメの関連機材、パソコンを活用した写真の創作、一眼レフカメラの使いこなすスキルがあるか。
(上記の内容は、デジタルカメラエキスパートより引用させて頂きました)

デジカメ検定の実施要領

本検定試験は、次のような内容で実施されます。

■問題数・試験時間等
・1級:問題数50問、試験時間50分
・2級:問題数20問、試験時間25分
・3級:問題数10問、試験時間15分
試験は、インターネットに接続できるパソコンがあればOKです。問題はパソコン上に表示されパソコン上で回答していきます。全ての回答が終了すれば、結果が見られます。
尚、平成19年7月1日から9月29日までは、無料受験キャンペーン中で、全ての級で受験料が無料になっています。

■受験特典
全ての級の合格者に、オンライン認定書が発行されます。認定書用のアドレスも用意されます。このオンライン認定書は、公開・非公開が選択できます。公開に設定すると友人などに自分の認定書を公開することもできます。

■受験勉強の資料
デジカメエキスパートを受験するための専用テキストも発売されています。
専用テキストのページ

また、Web上でも勉強できるようにHTML型式のテキストも準備されています。

Webテキストの目次
写真を知る(過去の名作写真を参照できます)
テクニックを知る(写真撮影の基本知識や、ステップアップするための知識集)
メカニズムを知る(デジカメやレンズの構造などを詳しく解説)

私も本検定の3級を受検しました。結果は、10問中8問正解で合格!
ちなみに、私は学生時代写真部で写真を撮っていました。ですので、ある程度写真を撮るための知識や技術は持っていました。また、ITの知識も持っているため、それほど勉強しなくても3級合格できたいと思います。尚、試験終了後には評価シートが表示され、間違った問題などの解説が参照でき復習にも役立ちます。
9月29日までは受験料無料キャンペーン実施中です。この機会に、デジカメの腕を上げるためにデジカメエキスパートに挑戦されればいかがでしょうか。


<関連情報>
価格.com(デジカメ)
デジカメの基本
写真撮影テクニック
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。