次へ>>

今回のインタビューは、伊藤忠テクノサイエンスでITコンサルタントをしている杉村さんです。彼女は、元々は違う業界から、IT資格の取得をきっかけにIT業界に飛び込み、ITコンサルタントとして活躍していらっしゃいます。
IT業界の仕事にどんなやりがいを感じているのでしょうか。IT資格の取得について、どのように考えているのでしょうか。
杉村 麻記子さん

・同志社大学経済学部卒
・通信キャリアおよびコールセンターで、マーケティングやコンサルティング(12年)
・現在、伊藤忠テクノサイエンスにて、ITコンサルティングを担当
・保有するIT資格は、中小企業診断士・ITコーディネータ等


--- 杉村さんがやられているITコンサルティングって、定義が難しいのですが、どのようなお仕事を?

簡単にいうと、情報化の企画提案と、その前の営業支援が仕事です。

--- 具体的には?

企業の経営戦略をベースにどのようにITを活用しようかと考えたときに、情報化の企画構想を策定したり、現行のシステムを調査してIT戦略を提案するなどの活動を行っています。また、営業支援では、お客様の潜在的なニーズを引き出して、ソリューション(解決策)の提案に結びつける役割を担っています。

キーワードとしては、CRMナレッジマネジメントになりますね。

--- なぜ、ITコンサルタントになりたいと?

中小企業診断士を取得して、会社の経営について興味を持つにつれて、今後はIT抜きには考えられないと実感するようになりました。

自分自身のキャリアパスを考える上で、これまでの経験をベースにその道を極めていく業界(業種)と、経験を生かしながら更に違った領域に発展する業界(業種)のどちらにするかを迷いました。後者を選んでIT業界に転職しました。

そもそもITの知識が深いわけではありません。経営や業務コンサルの視点に、ITの視点を加えたような仕事がしたかったので、ITコンサルタントを選びました。

--- 違う業界から入ってきて、IT業界の仕事のイメージは合いましたか?

一つの案件にこんなに多くの社内関係者やパートナー会社がかかわることに驚きました。数名でやるプロジェクトとは違って、お客様との折衝はもちろんのこと、関係者とのコミュニケーションが重要だなと切実に感じています。

--- なるほど。それはガイドも感じます。なにしろ、IT業界の中でもソフトウェアエンジニアリングの世界は自動生産できませんから。結局は人と人のコミュニケーションで、ほとんどの仕事を仕上げていくことになるんですよね。
ところで、ITコンサルタントをやっていて、どんな苦労がありますか?


最新のIT動向、経営や業界の動向をつかんでいないと、お客様との話の土俵にすら乗れないので、氾濫する情報の選択と理解と自分の言葉への置き換えが大変だと思います。

--- 仕事の中で、どんな点にやりがいを感じますか?

ほとんどの仕事は、お客様との共同プロジェクトとなります。目的や狙い、進め方、メンバーの役割をコミットした上で進めないと失敗する危険があるのですが、さまざまなチェックポイントでお客様メンバーと意識が共有できているときに、「うまくコミュニケーションがとれているなぁ」とうれしくなります。

もちろん、プロジェクトオーナーに最終のプレゼンテーションをして承認頂けたり、メンバーから感謝してもらったり、次のステップ(システム開発)に移り開発案件を受託できたときもうれしいです。

--- 今後の目標はありますか?

もう少しIT技術関連の知識を増やしたいですね。また業界や業務知識の幅を広げていきたい。業務では、上流から下流(経営戦略からIT実装・運営まで)をトータルで支援していきたいと思っています。


次に、IT資格についてお聞きしました >>次ページヘ