白骨(しらほね)温泉は、
  • 鎌倉時代から知られていたという歴史を持つ温泉。
  • 「三日入ると三年は風邪知らず」という
     神秘的で霊泉的効能を持つ湯。
  • 「白船」の古名が示すように
     白濁したよく暖まる湯自然が深い湯
     名湯である。
「小梨の湯 笹屋」の湯は、勿論宿固有の源泉を持つ掛け流し。

露天風呂は、敷地内にある貸し切りの家族風呂。勿論二人きりで入浴しても良い。風呂の入り口の看板をひっくり返して入浴中を示すと邪魔されない。塞がっていても宿泊客が少ないから「湯上り処」で待っていれば良い。

風呂は大人が3人も入れば湯が溢れる狭さ。冬なら目の前に積もった雪を見ながら雪見風呂が楽しめる。白樺林の向こうに乗鞍岳が見えるという。森林浴も楽しめる。

昼は晴れていれば青空の下の気持ち良さ、夜は星を眺めがら湯に浸かると言う浪漫が味わえる。ただ入浴時間は10:00pmまでなので夜中には入れない。

内湯の方は清掃中を除いて夜中でも入れる。

扉は、夏は開け、冬は閉めている開閉式。窓の向こうは白樺の林が広がり、自然を満喫出来る、男女とも同じ広さを持つという半露天風呂である。湯は温めだからゆっくりとくつろげるのも良い。

●泉質:単純硫化水素泉・泉温:34度
●効能:◇浴用:リウマチ・運動障害・疲労回復・神経麻痺・高血圧・動脈硬化・糖尿病 ◇飲用:糖尿病・リューマチ性疾患・痛風・慢性呼吸器疾患・慢性消化器疾患(胃腸病)
●浴室:男女別大浴場各1&露天風呂1
●外来入浴:11:00am~3:00pm・料金:¥600

・制作:04/03/24・更新:07/01/25