●民主党
盛りだくさんな内容。具体案も多く実現されればいいと感じる項目も多く含まれます。

・中央教育委員会の設置 …文部科学省のうち教育に関わる部局を廃止し、独立行政委員会としての「中央教育委員会(仮称)」を設置。
・学習指導要領の大綱化…学習内容・学校運営を現場の判断で決定できるよう、学習指導要領の大綱化と最低基準性の明確化を行う。高校の学習指導要領については廃止。
・「ゆとり教育」の見直し…「ゆとり教育」を根本的に見直し、すべての児童・生徒がそれぞれの可能性を開花できるような学びの環境をつくる。
・少人数学級の拡大…「30人以下学級法案」をすでに提出。
・教科書検定…検定制度を廃止。
・コミュニティースクールの設置…地域のニーズに基づいて運営される、新しいタイプの学校が設置できる法制度等を整備。
・体験学習の推進…体験学習を推進。共同生活、職業体験、異年齢間交流、都市と農山村地域の交流、国際交流、自然体験、農業体験、社会奉仕体験など。
・スクールカウンセラー制度の充実
・大学改革と国の支援のあり方…「学習者・研究者本位の大学」、「創意ある不断の改革を現場から自発する大学」、「社会に開かれ、社会と連携・協働する大学」世界的にみて低い高等教育予算の水準見直しは不可欠。
・奨学金制度改革…希望する人なら、誰でも、いつでも利用できるようにする。学費のみならず最低限の生活費も貸与する。
・専修・各種学校の充実…財政支援を充実する。
・学校施設老朽化対策…施設の安全性の確保のため引き続き対策
をすすめる。
・学校図書館の整備…全国の学校図書館の整備・充実、子どもの読書環境を改善。
・生涯教育の充実…子どもから大人までが利用しやすい施設の整備、公民館活動の活性化、公立図書館の一層の充実。社会人が大学や大学院で教育を受けることができる制度(リカレント教育制度)を確立。
・学童保育の充実
・統合教育・障がい児教育の推進…障がい者と健常者がともに学ぶ「こころのバリアフリー化」。障がい者の視点に立った教育環境づくり。
・芸術文化活動への支援…文化ホール建設といったハコモノ中心の行政を改め、人材を活かす文化政策へと転換。
・伝統文化の保存・継承…日本の伝統文化を保存し、新たな文化を創造する基盤を整備。
◆自民党  ◆公明党  ◆民主党  ◆社民党  ◆共産党