札幌で寿司・海の幸三昧する前に……

いま食べておいしい北海道の海の幸が集まるのは、札幌。なぜなら、札幌には水産王国・北海道の拠点市場「札幌市中央卸売市場」があるからです。大きなものは200kg級の近海本マグロから、小さなものはシラウオまで、道内各地から旬の天然魚が集まってきます。なので、通年さまざまな旬味を楽しめるのが魅力。

毛ガニ
冬以外もおいしい毛ガニ
北海道=カニの印象が強いと思います。カニ=冬と思っている方が多いようですが、3つの海に囲まれた北海道では、特に毛ガニは浜によって漁期が異なるため、春にも夏にも道産の活ガニが流通します。

ウニ
オレンジのバフンウニ、黄色はムラサキウニ
ウニもそうです。ウニ=夏ですが、それは日本海側の漁期。ウニもほぼ一年中、どこかの浜で漁期を迎えているため、基本的には通年、地物があるワケです。

このほか、人気のイクラも通年ありますが、秋鮭の漁期以外は冷凍ものが基本。道産子としては、新物と呼ばれる9月~11月上旬の冷凍をしない状態をぜひ楽しんでほしいと思っています。

ウニやカニはもちろん、北海道ならではのホッキ貝、ツブ貝、ホッケ、八角(白身魚)など、そのほかにも、その季節の魚介類を楽しんでください!

※今回紹介するお店は、事前に席の予約をしておくのが確実です!