札幌観光でちょっと時間があいたら、手ぶらでゲレンデへGO!

冬の札幌。仕事や観光で来たんだけど、ちょっと時間があいてしまった……。

そんな時、街に出てお土産屋さんやショッピングセンターをのぞいてみるも良し。また博物館館やギャラリーなどで北海道のカルチャーに触れてみるのも旅の醍醐味です。でも、もしあなたがスキーヤー、スノーボーダーなら「日本一の雪質」を誇る北海道のゲレンデを体験しない手はないですよ。

「え、スキー?でもゲレンデまで行くほどの時間はないし……」

「今回はウエアやスキー、ボードなど持ってきてないから、無理無理!」

と、こんな声も聞こえてきそうですが、いやいや大丈夫。札幌都心部のホテルから車で20分、もよりの地下鉄の駅からならわずか10分で行くことができる超お手軽・ゲレンデが札幌にはあるんです。

そこは、札幌市中央区の円山公園駅から10分、ばんけいの森 さっぽろばんけいスキー場。用具一式からレンタルウエア、リフト券を含めた「手ぶらパック」もありますので、体一つでゲレンデに乗り込めばそれでOK。

そんなお手軽ゲレンデでスキー、スノボがちゃんと楽しめるか?なんて心配はご無用。さっそくコースをご案内しましょう。
undefined

超・お手軽スキー場、さっぽろばんけい


まずはファッションから!

地下鉄東西線・円山公園駅からばんけいスキー場行きバスで13分、タクシーなら10分で到着。まずはセンターロッジでスキー・スノボの用具一式とお気に入りのウエアをレンタルしましょう。おしゃれな方にとって嬉しいのがこちらのレンタルウエア。すべてブランド品で「カワイイ・カッコイイウエア」を自由に選べますので、「あれっ。あのウエアはレンタル?」なんて思われることなく安心して滑れますよね。

手ぶらパック 4時間フルパック 9800円
リフト4時間券、食事券、スキー・ボード用具一式、ブランドウエア+小物 付き
undefined

こんなおしゃれなレンタルウエアも

さあ、お気に入りのファッションでビシッとキメたら、いよいよコースに出ましょう。ゲレンデはリフトが6本。コンパクトながらビギナーからエキスパートまで楽しめるコースが用意されています。最初は平均斜度10度、全長400mのゆるやかなセンターコースで軽く足慣らしをしてから山頂に登ってみましょう。
undefined

最初はセンターコースで足慣らし