「後ダレ」タイプのジンギスカン

札幌のお店に多いのは、下味はつけず、焼いた後にタレをつけて味わう「後ダレ」タイプ。札幌生まれの後ダレの発祥地は、昭和28年創業の「ツキサップじんぎすかんクラブ」。緑豊かな八紘学園農場内にあり、テラス席はアウトドア気分を味わえる、人気店です。

先ダレと異なり、後ダレの鍋は放射状に入ったスリット(穴)が特徴(ただし、スリットの入り方は各店で異なります)。これを七輪にかけることでお肉に直火が当たり、余分な脂が七輪の炭に落ち、その煙に燻され、さらにお肉の味わいがよくなるのです。また、羊肉から出た脂の旨味で野菜を焼きあげるので、野菜もまた美味。ツキサップでは、開店以来受け継がれる醤油ダレは、すっきりスパイシー。お肉は一途にコクのあるマトンを使用。原点の味をぜひ、お試しあれ!

そのほかのおすすめは、ラムとマトンの食べ比べを楽しめる炭焼き成吉思汗やまか、やわらかい生ラムを満喫できる生ラムジンギスカン山小屋。こちらへもどうぞ。

【DATA】
ツキサップじんぎすかんクラブ
住所:札幌市豊平区月寒東3-11-2-5 八紘学園農場内
TEL:011-851-8014
http://www.tjc1953.com/