乾燥、黄ばみ……
リムーバーは爪のダメージの原因!

ナチュラルな爪
ナチュラルな爪が黄ばんでいたら、気分もダウン!
ネイルのカラーリングをオフするために普段あたりまえのように使うリムーバー(除光液)。みなさんはどのようなリムーバーをお使いですか?

デイリーにカラーリングをしている方は、リムーバーの減りも早いと思います。気づいたらなくなってしまっていて、とりあえず近くのコンビニで購入したり、お手軽なコットンにリムーバーが含まれたタイプのものを使ったりしていらっしゃるかもしれませんね。

もちろんこうしたアイテムも重宝されるものではありますが、リムーバーは実は爪のダメージの大きな原因。

ガイドの元にも日々「爪が割れやすい」「爪が黄色くなっちゃう」等々ご相談をいただくことがありますが、解決法としてまず最初にリムーバーを見直すことをオススメしています。

リムーバーはポリッシュを溶かして取り去るアイテム。あのポリッシュを溶かすのですから、強い成分でないわけがありません。その強い成分というのが、アセトンなのです。

アセトンが爪へ与えるダメージのうち、大きな2つは乾燥黄ばみです。アセトン入りのリムーバーを使うと、爪先がすーっとする感覚がしませんか?なんだかすっきりしたような気分になりそうですが、これは爪先から水分が油分が取り去られてしまっているからそうした感覚になるのです。リムーバーを使った後の爪先は通常必要とされる水分や油分が不足してしまっています。その乾燥が、同時に黄ばみの原因にもなるのです。

ノンアセトンのリムーバーを使おう!

こうした爪へのダメージにお悩みの方は、是非リムーバーを見直すことからはじめてみてください。リムーバーは、ノンアセトンタイプのものを選ぶと良いでしょう。

RENTNER
ノンアセトン・ノンアルコールタイプのRENTNER

今回ご紹介するRENTNER(レントナー)は、アメリカのBio Cerax社から発売されている、ノンアセトン・ノンアルコールタイプの美容液のような使用感のあるリムーバーです。

リムーバー特有のつんとした臭いもないので、締め切った部屋でも気分が悪くなるような臭いがすることなくポリッシュを落とすことができます。また、ポリッシュを落とした後も通常のアセトン入りのリムーバーに比べ、爪先を乾燥から防ぐことができます。

リムーバーを使った後に、さらにキューティクルオイルやハンドクリーム等で保湿をすると、さらに爪へのダメージは防ぐことができると思います。まずはリムーバーを見直してみてください!


※商品の詳しいお問合せ先 (株)ワールド企画 0120-008-477
受付時間/平日10:00~17:00(13:00~14:00は除く)


【関連記事】
ネイル・カラーリングQ&A(2)
ネイル・カラーリングQ&A(1)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。