市販のネイルチップで手軽にアートを楽しむには?

簡単につけてはずせる「ネイルチップ」。簡単にネイルのオシャレを楽しむことができる便利グッズです。シンプルなフレンチネイルからゴージャスなデザインのものまでたくさんの種類のネイルチップが最近では売られています。価格も2000円位からとそれ程高くはないので、つけてみたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
市販のネイルチップはデザインが豊富。簡単に爪を美しく見せる道具です

市販のネイルチップはデザインが豊富。簡単に爪を美しく見せる道具です

けれどもこのネイルチップ、サイズが合わなかったりしてうまくつけられなかったことはありませんか?まるで自分の爪にアートをしたように本物の爪らしく見せるには、ちょっとしたコツがあるのです。

また、はずす時に力まかせにはがしたりすると、爪を傷める原因になってしまいます!ネイルチップの正しいつけ方、はずし方を学んで、上手に取り入れてみてくださいね!

INDEX
ネイルチップの付け方
両面テープを使ったネイルチップの付け方
ネイルチップを付けるときの注意点
両面テープを使ったネイルチップのはずし方
ネイルチップをはずすときの注意点
 

ネイルチップの付け方には2通りある

tip2
左側が両面テープ、右側がネイルグルー(接着剤)です

ネイルチップを付ける時には、次の2つの方法があります。

1.両面テープによる装着
2.ネイルグルー(接着剤)による装着


それぞれのメリット・デメリットは…

●両面テープによる装着
<メリット>何度も付けはずしができる・グルーよりは爪に優しい
<デメリット>グルーに比べると衝撃ではずれやすい

●ネイルグルー(接着剤)による装着
<メリット>衝撃に強くはずれにくい
<デメリット>はずす時に時間がかかる・何度も使うことはできない

ネイルグルーを使った場合チップを接着剤で爪に貼り付けますので、はずす時にはそのグルーを溶かさなくてはならないのです。その時に一緒にチップも溶けますので、基本的にはもう1度使うことはできません。

また、溶かす時に慣れない人は爪を傷つけることも多いので、私の場合はネイルグルーよりも両面テープを使うことをオススメします。せっかくのお気に入りのチップは、何度でも使いたいですしね!そのためここでは、両面テープを使ったつけ方・はずし方を解説していきます。

では早速、「ネイルチップのつけ方」を見ていきましょう!

 

両面テープを使ったネイルチップの付け方

tip3
用意するものは「ネイルチップ」「両面テープ」「ファイル(爪用のやすり)」の3つです。

両面テープはネイルチップに付属されている場合もありますが、もしなければ文房具屋さんで売られているような両面テープでも大丈夫です。
 
tip4
1.チップを爪にあてて、それぞれの指に合うサイズのチップを選びます。サイズの決め手はチップの横幅。横幅が爪と合わせたときにぴったりくるものを選びましょう。もしぴったりくるものがなければ、少し大きめのものを。
 
tip5
2.チップを自分の爪の形に合うように、ファイルで削ります。爪にあてながら、少しずつ削ります。爪の根元部分のカーブ、横幅を調整してください。

※この作業で「あたかもチップをつけた指先」ではなくなり、自爪とかわらないような仕上がりになります!。
 
tip6
3.チップの裏に両面テープを貼ります。チップからはみ出たものはハサミ等で丁寧にカットしてください。チップのカーブがきつくて爪とうまく合わない場合は、両面テープを何枚か重ねてはるときちんと合うようになります。
 
tip7
4.爪の根元にチップを合わせ、先端に向けて傾けるように貼ればできあがりです!
 

付けるときはここに注意!

・自爪をあらかじめ短く削っておくと、チップの装着感が強まります。
・両面テープはなるべく指で触れないようにすること!テープの粘着力が弱くなってしまいます。
・自爪はあらかじめリムーバーやアルコールで表面を拭き、油分や汚れを取っておくと接着が良くなります。

ポイントは、ファイルを使ってチップの形を自分の爪に合うようにすることです。このひと手間で、見た目がだいぶ変わります。
 

両面テープを使ったネイルチップのはずし方

tip8
両面テープを柔らかくするためにお湯が必要です
「両面テープだから、手ではがしてしまえば大丈夫?」…それは大間違い!爪は3つの層でできていて、無理に取ると爪の層がはがれてしまう、なんてことも。爪を傷めることがないよう、丁寧にはずしていきましょう。

用意するものは、「お湯」と「オレンジウッドスティック」など爪とチップの間に挟める細長いものです。

 
tip9
 
1.お湯に指先を入れ、両面テープをふやかします。
 
tip10
 
2.チップの先端を指で押し、根元に隙間ができたらオレンジウッドスティックを差し込んでゆっくりとはがしていきます。1度ではずれにくいようであれば、1、2の作業を繰り返します。
 

はがすときはここに注意!

・ネイルチップはゆっくりとはがすこと!強くはがすと、爪が痛む原因となります。
・リムーバーは使わないこと!リムーバーを使うと、せっかくのネイルチップが溶けてしまいます。
・チップをはずした後は油分と水分が不足しています!クリーム等を塗ってしっかりケアをしてくださいね。
 
【関連記事】
・ネイルチップを自分で作ろう!→ネイルチップの作り方&デザイン
・ネイルケアの方法をチェック!→指先を美しくするケア道具
・クリームとマッサージでしっかり保湿→マッサージで爪を育てる!
 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。