メイク系のアンケートで教えて欲しいダントツNo.1な眉。普段描いている眉に不満を持っている方も多いのではないでしょうか?
でもその不満の基はというと、“眉の形”という訳ではなく、実は“顔とのバランス”なのです。
眉の形はほとんどの人が変ではありませんが、大抵目や顔とのバランスが悪かったりで、眉に違和感を感じているのかも。

今回は、優しい顔立ちなどの方に多く見られる“パッとしない”、という印象をもたれがちな人の眉メイク。シャープさを眉に演出する事で、顔全体にメリハリを出します。

今回のポイントは3つ。

・眉付近の産毛はシェーバー&毛抜きで除去!
・眉本来の理想の長さを知る!
・ペンシルアイブロウでシャープさを演出!

以上のポイントをふまえて、“メリハリ系女優眉”の作り方をご紹介!

子供っぽい短めな眉はNG。理想的な長さで凛とした美しさを

ステップ1
【STEP1】 まずは眉用シェーバーで眉付近の産毛などを剃ります。産毛があると垢抜けない感じがしてしまうので、しっかり除去。目の下などの必要ない眉毛・産毛は毛抜きで丁寧に除去しましょう。


ステップ2
【STEP2】 次に眉の理想的な長さをチェック。小鼻の脇から目尻を一直線で結び、その延長線上が理想の長さ。少し長めに感じるかもしれませんが、描いてみると以外にシックリ来ちゃうんです。


ステップ3
【STEP3】 眉を描くのはペンシルアイブロウを使用。一筆描きするのではなく、サッサッサッという感じで流れるように描きましょう。ペンシルで全体を描いたら次はぼかすのが重要。

眉山から眉尻まではぼかすとシャープさが失われてしまうので、ぼかす必要はありません。眉頭から眉山までだけをしっかりとぼかしましょう。特に眉頭をしっかりぼかしておくと、自然な眉に仕上がります。


いかがでしたか?優しい目元とキリッとした眉のバランスがとってもマッチしますよね。メイクのポイントとしては、リップ。ベージュ系口紅で大人っぽく決めるのもありだし、発色の良いコーラル系口紅で華やかに決めるのもあり。シーンによって色々使い分けてみるのがオススメ。是非参考にしてみて下さいね。


■関連記事
「目のキツさを和らげる“ふんわりエレガント眉”」
「好印象で万人ウケ間違いなし!“キュートな太眉”」




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。