メイク系のアンケートで教えて欲しいダントツNo.1な眉。普段描いている眉に不満を持っている方も多いのではないでしょうか?
でもその不満の基はというと、“眉の形”という訳ではなく、実は“顔とのバランス”なのです。
眉の形はほとんどの人が変ではありませんが、大抵目や顔とのバランスが悪かったりで、眉に違和感を感じているのかも。

今回は、一重・奥二重・ツリ目などで、キツいイメージを持たれがちな人の為の眉メイク。色や形を微妙に変える事で、こんなに優しい印象になれるのです!!

今回のポイントは3つ。

・眉山を微妙に削る!
・必ずペンシルではなく、パウダーアイブロウ!
・色はブラウン系+ピンク!

以上のポイントをふまえて、“ふんわりエレガント眉”の作り方をご紹介!

ピンクがかなりの隠し技。顔の印象を柔らかく変身させます

ステップ1
【STEP1】 まずは眉用シェーバーで眉山を気持ち削ります。彼女は元々かなりの“への字眉”だったのですが、への字カーブをなだらかにするイメージで、ほんの少し眉山を削ります。あまり削りすぎても平坦な眉になってしまいパッとしない印象になってしまうので、ほんの気持ちでOKです。


ステップ2
【STEP2】 眉メイクに使うのはペンシルではなく、パウダーアイブロウ。ペンシルだとどうしても鋭角的になってしまうのですが、パウダーアイブロウを使えば問題無し。色は薄いブラウン系に、隠し技でピンクをブレンドします。ピンクはチークで使う様なモノでOK。良い具合に目元に明るさ&やわらかさをプラスしてくれます。


ステップ3
【STEP3】 描き方は、眉山から眉尻までを先に描き、その後に眉頭から眉山までを描きます。眉頭から眉山まで自眉毛がしっかりある方は筆に残ったパウダーで軽くなぞる程度でOK。眉頭が濃すぎてもキツい印象になってしまうので注意。

無理に眉をへの字にしようとするのではなく、整えた眉の自然な流れにそって描きましょう。急カーブではなく、緩やかなカーブを目指して。


いかがでしたか?他にキツさを和らげるメイクのポイントは、チーク。小顔を意識し過ぎて頬骨に入れまくるのではなく、頬骨に軽くのせた後は頬にもふんわりピンクチークをのせる事。とにかく顔を鋭角的に仕上げない様にするのがコツですね。ちょっと変えるだけで大きく変身できるので、みなさんも是非参考にしてみて下さいね!


■関連記事
「パッとしない目元をカバーする“メリハリ系女優眉”」
「好印象で万人ウケ間違いなし!“キュートな太眉”」




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。