とにかく口紅の新色は全部買ってしまうとか、使い切れないほどのマスカラが買いこんであるとか、コスメ好きのひとにはたいてい“こだわりのアイテム”があるものです。ガイドの場合、それがコンシーラー。「すべてのアラを隠したい……」との切なる願いがそうさせるのか、季節の新色には触手が伸びないときにも、新作コンシーラーにはついつい手が出てしまうのです。

今回は、そんな私がクラランスの新作コンシーラーをお試ししてみました。「なかなかやるな!」な一品です。


使いやすさとカバー力、その両立を実現

シミを隠したい! クマを消したい! などなど、肌トラブルへのカバー力のみで考えると、コンシーラーは硬めの練りタイプが一番。これまで個人的に使用する商品も、このタイプのものばかりでした。とはいえ、「ムラなくのばすのが難しい」などなど練りタイプへの不満が多いのも事実。練りタイプ並みのカバー力を、手軽なアプリケーターつきコンシーラーで実現できたら……、そう願っていたのは私だけではないはずです。

新発売のクラランス パーフェクトタッチは、使い易さならピカイチの筆ペンタイプ。ワンタッチで細かい部分にも均一にのせることができ、肌にぴったりフィットして自然になじむ、というとても使いやすいアイテムです。そして、重さを感じさせないテクスチャーなのに、不思議なことにカバー力も申し分なし。なぜ!?

光をコントロールしてナチュラルにカバー

どうやらその秘密が、光をコントロールして肌色を均一に見せるというピグメント効果。パーフェクト タッチには、どんな光や転向のもとでも均一な肌色を保ち、気になる部分に自然な明るさを与える、二種のピグメントが配合されているのです。

よく見ればクリームのなかに細かく光る粒々が。肌にのばすとこの粒子が光を放ち、肌色をより明るく見せてくれます。この輝き感をいかすなら、ハイライトとしての使用がおすすめ。Tゾーンや目の下の三角ゾーンにのばしておくだけで、顔全体を明るく見せてくれます。

日本限定色は憎い茶グマに効果大

今回発売された二色のうち、00のクレール アプリコットという色は日本人の肌色にあわせて作られた色。この色が最大の効果を発揮するのが目の下のクマ隠しです。私たちが悩んでいるクマの多くは、グレーがかった茶色をしたいわゆる“茶グマ”。この茶グマを隠すには、補色であるオレンジ色を使うのが一番なのです。

クレール アプリコットはややオレンジがかった肌色といった感じの色。まさに、“茶グマ”隠しにぴったりの色設定になっています。さらに、ブラシ型アプリケーターで細かい部分にも使いやすいので、くちびる周りにもおすすめ。口角付近の色ムラ隠しはもちろん、くちびるの輪郭に沿って使うことでリップラインを際立たせ、くちびる本体をよりふっくらとみせることができるのです。

肌トラブルを隠す、それがコンシーラーの大きな役割。とはいえ、その他にも色々な仕事をこなしてくれるのがイマドキ優秀コンシーラーの必須条件になってきました。ハイライトに使って顔全体にメリハリ立体感を与えたり、気に入らない顔のパーツを修正したりなんてこともできちゃうパーフェクト タッチの器用さこそ、これからのコンシーラーのスタンダードになるのかもしれません。

パーフェクト タッチ 全2色 各4,500 (クラランス)

○商品の詳細はこちらでチェック!
(ブランド名をクリックすると公式サイトにジャンプします)
クラランス 03-3470-8545


もっと知りたい! 関連リンク集
コンシーラーの使い方を知りたい!
→「
美人度アップのベースメイク術」へ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。