65歳以降も働く人が増えています。老後資金のためはもちろん、健康のため、社会貢献と理由はいろいろあるでしょうが、収入が増えることは間違いなし。65歳以降も働いている人は、毎月どれくらいの貯蓄をしているのでしょうか?

【マネーガイド福一さんが動画で老後破産について解説!】


 

65歳以上の給与収入 平均25万3000円

65歳以上の勤労者世帯の実収入とその内訳。家計調査データより筆者が抜粋。 出典:家計調査・家計収支編(2020年 総務省)

65歳以上の勤労者世帯の実収入とその内訳。家計調査データより筆者が抜粋。 出典:家計調査・家計収支編(2020年 総務省)

表は、65歳以上の勤労者世帯の家計収支の平均で、そのうちの実収入と主な内訳です。44万4170円の収入で、25万3715円が給料。そのうち19万9571円が世帯主の収入となっています。また、公的年金などの社会保障給付が15万8950円で、この給料と年金が主な収入源です。
 

年金収入15万8000円、在職老齢年金基準内で働く

公的な老齢年金15万8950円と給与収入25万3715円、合計すると41万2665円です。働きながら老齢年金を受給する時には、在職老齢年金として給与額に応じて年金額が減額されることがあります。
 
この減額されるかどうかの判断は、65歳以上であれば給与相当額と年金額の合計が月額47万円というラインです。平均データからは、この基準内で働いていることがわかります。
 

金融資産増は、毎月12万4000円

表は65歳以上の勤労者世帯の毎月の金融資産増額とその内訳です。毎月12万4000円を貯蓄等にまわせています。

 
 65歳以上の勤労者世帯の毎月の金融資産増額とその内訳。家計調査データより筆者が抜粋。 出典:家計調査・家計収支編(2020年 総務省)

 65歳以上の勤労者世帯の毎月の金融資産増額とその内訳。家計調査データより筆者が抜粋。 出典:家計調査・家計収支編(2020年 総務省)


勤労者全世帯で収入階層別の集計で、この65歳以上の勤労世帯と近い収入層と比較してみましょう。勤労者全年齢世帯のうち、実収入45万9497円の階級が65歳以上の勤労世帯(実収入44万4170円)と近くなっています。
 
この収入層の全年齢勤労者世帯では、金融資産増額は12万1081円となっています。65歳以上勤労世帯は12万4307円。65歳以上の世帯は全年齢平均より実収入は少ない割に、たくさん貯めていることがわかります。現役時代と同程度、またはそれ以上貯められるのは、老後に向けて安心といえます。
 

貯めるのはほぼ預貯金、投資は極少

12万4307円の金融資産増でしたが、その内訳は預貯金12万7890円、保険は引き出しとしてマイナス3944円、株や投資信託等の有価証券が361円でした。ほぼ、預貯金で貯めているのがわかります。
 
ちなみに、同じ収入層の全年齢勤労世帯では、金融資産増12万1081円の内訳は、預貯金10万7835円、保険1万1825円、有価証券1421円でした。65歳以上の世帯は、保険や有価証券が全世帯より少ないですね。
 
65歳以上の世帯の貯める対象は、ほとんど預貯金という結果となっています。安全志向で確実に貯めている様子がわかります。
 
65歳以上でも働くと、しっかりと現役時代と同様にお金を貯めることができます。老後の生活は貯蓄を取り崩すという考えから、働いて貯蓄を増やすという発想の転換ができますね。働ける環境が続くなら、できるだけ長く働くのが安全な老後の生活への近道だといえます。

【関連記事・動画をチェック!】
老後破綻・老後貧困に陥る人の特徴は? 今からできる貧困対策
アナタは金持ち老後・貧乏老後どちら? 決定的な違い3つ
60歳でリタイアしても大丈夫なのはこんな人!3つの条件って?



 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。