通勤
通勤電車の中でもできてしまうエクササイズがあります!
筋肉を鍛え、体に張りを持たせるエクササイズは必ず動きながらするものとは限りません。

今回は一見何もしていないように見えて、実は筋肉に刺激を与えているスタティック(静的)トレーニングをご紹介します。

通勤や仕事の途中で、さりげなくトレーニングして、理想の体を手に入れましょう!


お腹周りのエクササイズ


タイトル
お腹への集中を忘れずに!
1、脚を組んで椅子に座ります。右ひざが上なら、その上に左手をのせ、さらにその上に右手をのせます。
2、お腹に意識を集中して(背中は丸め気味で)手は下に、ひざは上に上げるように腹筋に力を入れ10秒ほどキープします。
3、手足を左右替えて再度同じ動作を繰り返します。

【注意】
血圧が上がる恐れがありますので、息を止めないで行ないましょう。


お尻に張りを与えるエクササイズ


タイトル
ヒップアップ目的にもおすすめ!
1、かかとを合わせ、つま先は約90度に開いて立ちます。
2、お尻の左右の筋肉を真ん中に向けてできるかぎり絞り込みます。
3、絞り込んだ状態で10秒程度キープして、元にもどします。


太ももの前側を鍛えるエクササイズ


太もも前
息を止めないで行ないましょう!
1、椅子に座っている状態で、左足はしっかりと床につけ、右足首を左足首の後ろに絡めます。
2、この状態で右足を前に押し出すと同時に、左足は同じ位置を維持します。
3、力を入れた状態で約10秒間キープしたのち、もとに戻し、足を変えて同じ動作を繰り返します。

【アドバイス】
太ももの前側が緊張していることを太ももを指で触って確認してみましょう。


太ももの後ろ側を鍛えるエクササイズ


太もも後ろ
若々しい太ももを取り戻そう!
1、椅子に座っている状態で、左足はしっかりと床につけ、右足首を左足首の前に絡めます。
2、この状態で右足を後ろに引くと同時に、左足は同じ位置を維持します。
3、力を入れた状態で約10秒間キープしたのち、もとに戻し、足を変えて同じ動作を繰り返します。

【アドバイス】
太ももが緊張していることを太ももの後ろを指で触って確認してみましょう。


太ももの内側を鍛えるエクササイズ


太もも内側
太ももの内側はは普段あまり使わないパーツなのでたるみやすい部分です。
1、両脚をそろえ、両膝もつけた状態で椅子に座ります。
2、左右の膝で押し合い、その状態を10秒ほどキープします。

【アドバイス】
膝にタオルや本などを挟むと、より力が入れやすくなります。

以上、生活のどの場面でもできるエクササイズですので、暇を見つけては取り組んでみましょう!!今から取り組めば、きっと夏までには効果が現れるハズですよ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。