お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、老後破産しがちな人について専門家が回答します。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:老後破産するのはどんな人?

「叔父は高額な住宅ローンを組んだうえ、子どもに教育費をかけすぎ、老後破産に近い状態らしいです。自分は心配性な性格でもあり、老後が大変不安です。老後破産する人のパターンについて知っておきたいと思います。専門家の目から見て、こういう人は老後が危ない、というのがあったら教えてください」(48歳・会社員)
 

A:浪費癖、社会保障制度を無視している、お金の線引きができていない人です

どのような人が老後破産をするのか、それを一概に断定はできませんが、今までの相談を踏まえると、大きく2つのパターンがあります。【1】無計画でお金を使ってしまった【2】子どもが起こしたトラブルに対処して困難になった等です。
それでは、具体的に見ていきます。

【1】無計画でお金を使ってしまった
相談者の叔父様は、高額な住宅ローンや教育費等、一見すると無計画で後先考えずに行動した結果で、破産に近い状態になっていますよね。ただこれは、自分のためにお金を使ってしまったのではなく、あくまでも家族のために使ってしまった結果なのです。家族が喜ぶからマイホームを購入した、子が望む教育はすべて受けさせたい等です。実際に、そのような家庭は多く存在しています。

一方で、なかには、本人そのものが無計画でお金を使ってしまい、老後の生活が立ち行かなくなっているケースもあります。その多くが公的年金の未払いで受給できずに、生活費が足りない、病気になっても治療費が捻出できないというものです。

一時期、年金は払うと「損」という風潮があり、自営業等で収入がある人の中には未納の人がいました。しかし、経済の流れが大きく変わってしまい、思うような収入を得られなくなり、年金も未払いなために老後、年金を受給できなくなってしまったのです。その結果、最終的に子の世話になっているという家族を何組か見ています。

前者の叔父様のようなケースは思いやりの結果ですが、後者は快楽・楽天主義の結果と言えます。ただし、どちらのケースも「浪費癖がある」もしくは「その場の勢いに流されお金を使ってしまう」ために、「常に収入以上の支出をしている」状態にあったと考えられます。後者に至っては、さらに「社会保障制度を無視している」ために招いたとも言えます。

【2】子どもが起こしたトラブルに対処して困難になった
子が高額な借金を抱えてしまい、子に代わって借金を返済するためにお金を使ってしまったケースも見られます。

老後に備えて貯めていた預貯金を吐き出す、年金保険を解約して支払ってしまい、老後の資金計画が狂い破産寸前に陥ってしまうケースも増えています。

【2】のケースは「自分のお金と家族のお金の線引きができていない」ために招いたと言えるかもしれません。

ここまで説明してきましたが、老後破産の可能性がある人の特徴について簡単にまとめました。

・浪費癖がある
・その場の勢いに流されお金を使ってしまう
・常に収入以上の支出をしている
・社会保障制度を無視している
・自分のお金と家族のお金の線引きができていない


どの特徴も、誰もが内在しうるものであるというのがわかります。つまり、老後破産は誰にでも起こり得ることであり、避けられないこともあるのです。そのことをよく知ったうえで、将来に向けて対策していきましょう。

最後に、叔父様の「誰かを思いやってお金を使う」というお金の使い方は本来、悪い使い方ではありません。ただし「常に収入以上の支出をしている」「自分のお金と家族のお金の線引きができていない」部分は見直す必要がありそうです。

叔父様のご家族には「老後破産しそうだ」と傍観するのではなく、救いの手を差し伸べる気持ちはないのか? 感謝の気持ちはないのか? と、相談者から促してみてはいかがでしょうか。


※専門家に質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
老後のお金がますます不安になっています。今からできることは?
夏の電気代どうすれば安くなる? 無理なくできる節約術
50代で、将来の年金も老後貯金も両方少ないときはどうしたらいい?
老後、無職でも、赤字生活に転落しない方法とは

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。