ネットショップ構築サービス BASE(ベイス)

ネットショップ構築サイト BASE

ネットショップ構築サイト BASE

BASEは2012年にサービスをスタートしたインターネットショップ開設サービスです。香取慎吾さん出演のCMをテレビでよく目にするという方も多いのではないでしょうか。楽天市場やYahoo!ショッピングのようなモール出店型ではなく、個店としてネットショップ構築ができるサービスで、最大の特徴は、初期費用や月額料金がかからず、売れた時に課金されるという点にあります。

操作はシンプルで手間をかけずネットショップを作ることができ、コロナ禍で非対面ビジネスへのシフトが起きたこともあって、2021年3月時点でショップ数は140万を超えました。
 

BASEの料金解説。初期費用や月額費用は無料

BASEは初期費用や月額費用がかかりません。費用が発生するのは決済時と振込申請をする時です。決済は銀行振込、カード決済、スマホ決済、コンビニ決済などが使え、一通り揃っています。好きな決済を選ぶことができ、自分でカード会社と交渉して契約する必要はなく、選択するだけで使えます。

決済手数料は、一律3.6%+40円。また別途、注文額と送料の合計額に3%のサービス利用料がかかります。

例えば、3000円(商品代金)+500円(送料)が売れた場合
・決済手数料    3500円✕3.6%+40円=166円
・サービス利用料  3500円✕3%=105円
→ショップが受け取る売上 3500円ー(166円+105円)=3229円

カード決済の場合は上記の金額になりますが、コンビニ決済やスマホ決済を選択するとまた別途、1件あたり300円がかかります。

そして、振込申請(自社の口座に振込してもらう)には振込手数料が一律250円がかかります。また、振込額が2万円未満の場合、事務手数料として500円が必要です。振込申請から10営業日(土日祝日を除く)で振込されます。

全体を通して考えると、10%ほどの手数料が必要という計算になります。
 

BASEでのネットショップ構築手順

BASEでのネットショップ開設で最低限必要な手順は、下記の3点です。

(1)店舗情報登録
ショップ名やショップの概要説明を記載します。ネットショップでは法律によって「特定商取引法に基づく表記」が必要ですので、住所や連絡先、返品の扱いなどを記載します。あわせて、どの決済を使うかを選びます。

(2)商品登録
BASEでの商品登録は簡単にできます。商品管理をクリックして商品名、画像、説明、価格、税率、在庫数を入力すれば完了です。

(3)送料登録
全国一律の送料であれば、店舗情報登録と商品登録をすれば完了ですが、地域ごとに送料を設定するのであれば、「送料設定APP」を追加します。

■BASEのAPP(拡張機能)追加でできること
BASEは基本機能以外に必要なAPP(拡張機能)をインストールすることで機能を増やすことができます。APPは70個以上あり、ほとんどが無料です。

例えば、ページを増やしたい場合は「ページ追加APP」をインストールして増やすなどが可能。他にもクーポン、アクセス解析などいろいろなAPPがあり、なかにはfreeeやマネーフォワードのようなクラウド会計に連携して売上計上できるAPPもあります。

BASEは、はじめはシンプルに作り、必要に応じてAPPを追加し機能を拡充していくという方法で、自分のショップを充実させていけるサービスになっています。

ショップ・デザインはテンプレートが用意されているので、そこから選ぶだけ。これでも十分ですが、凝ったデザインにするにはHTMLの知識が必要となり、こちらはプロに依頼することになります。

集中して行えば1時間ほどでネットショップをオープンできます。
 

BASEはSTORESと何が違うか

ネットショップ構築サイト STORES

ネットショップ構築サイト STORES

BASEとよく似たサービスにSTORESがあります。こちらはアンジャッシュの児嶋さんがCMに出演しています。STORESもBASEと同様に初期費用は必要ありませんが、月額費用はプランによって異なる料金体系になっています。

・STORESスタンダードプラン 決済手数料3.6%+月額2178円
・STORESフリープラン    決済手数料5%(月額費用なし)

売上が月20万円以上なら、スタンダードブランがお得になる計算です。

BASEのような振込依頼は必要なく、各種手数料を差し引いた入金金額が1万円以上の場合、月末締めの翌月末払いで口座に振り込まれます。振り込まれる金額は決済手数料と振込手数料の275円が差し引かれた金額になります。

BASEとSTORESは競争していますからサービス内容や手数料などが、よく変更されます。両方とも初期費用はかかりませんし、メールアドレスだけで登録できますので、実際に確かめてみて自分に合った方を選ぶとよいでしょう。
 

ネットショップを作るだけでは売れない

BASEでネットショップを作っても、すぐに売れるわけではありません。

まず検索してもサイトが出てきません。Google検索では作成したばかりのサイトの評価を低くしており、キーワード検索でサイトが出始めるのは3カ月以上も先になります。

またショッキングなことにユーザーがGoogle検索をする割合自体が50%を切っています。つまり、検索してホームページにたどりつく流れは主流ではありません。Instagram、Twitter、YouTubeなどのSNSで目に留まり、SNSのリンクからホームページにたどり着くのが主流です。SNS検索で目に留まりやすいよう、ハッシュタグなどを利用して宣伝するのがおすすめといえます。

BASEはあくまでも買い物ができる新たな場所として、まず既存顧客にアナウンスし、店が閉まっている時間でも買い物ができることをアピール。次にSNSを活用して店や商品を情報発信し、新規集客につなげるイメージでの使い方がよいでしょう。

リアル店舗を開店してもお客さんはすぐに認知してくれず、駅や通りでチラシを配ったり、ポスティングを行ったりして宣伝活動をするのが普通です。そのように、BASEで開設した店舗もSNSで宣伝活動を行う必要があるのだと考えるとイメージしやすいでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。