太ももがむっちり太くなる根本的な原因は「大臀筋」にあった!

太ももが太る理由は「大臀筋」にあった!

太ももが太る理由は「大臀筋」にあった!

太もも痩せと聞くと、多くの方はスクワットやストレッチをイメージします。直接太ももにアプローチする方法もOKですが、太ももが太くなったそもそもの原因を知ると、それだけでは不十分だとわかるでしょう。太ももが太くなった根本的な原因。それは……お尻の筋肉(以下、「大臀筋」)が使えていないからです!

そもそも人間が二足歩行できるのは、大臀筋が発達したからだといわれています。しかし、椅子に座り続けたり、運動不足になったりすると、大臀筋が衰え機能しなくなります。すると、日常生活の負荷は太ももに集中し、結果として脚が太くなるのです。なので、大臀筋にアプローチした方が、より効果的に太もも痩せできるのです!
 

大臀筋にアプローチ! 太もも痩せに効く「ヒップリフト」のやり方

太もも痩せに効果的な種目は「ヒップリフト」です。本来は、ヒップアップ筋トレの代表種目ですが、太もも痩せにも効果的な種目だったのです! 大臀筋を鍛えられるのはもちろん、太もも(前もも)を同時にストレッチできる、床を踏む感覚を養えるなどのメリットがあります。早速、以下の手順に沿ってエクササイズしてみましょう。

■手順1:仰向け姿勢になり、膝を立てる
1. 仰向け姿勢になる(脚は肩幅にひらく)

仰向け姿勢になり、膝を立てる

リラックスにして仰向け姿勢になります。脚は肩幅に開き、膝の真下に踵がくるようにしましょう。

■手順2: 床を強く踏み込みお尻を持ち上げる
床を強く踏み込みお尻を持ち上げる

床を強く踏み込みお尻を持ち上げる

腰が痛くなる場合は、床を踏み込めていないので、床にボールペンを挟んで踏むなどして対処しましょう!

■手順3:2~3秒かけてゆっくりお尻を下げる
3. 2~3秒かけてゆっくりお尻をさげてくる

2~3秒かけてゆっくりお尻を下げる

ゆっくりと負荷を感じながらお尻を下げますが、このときお尻の力が抜けないように注意してくださいね。床にお尻をつけたら、【2】~【3】の動作を20回×3セット行いましょう。

今回ご紹介した「ヒップリフト」は、最低でも3週間は継続して行ってみましょう。「3週間は長すぎる……」と感じるかもしれませんが、太もも痩せしたいのであれば、このくらいの期間は見込んでおく必要があります。なぜなら、身体は急には変わらないからです! 数日で効果がでる種目はありません。毎日エクササイズをコツコツ行い、太もも痩せを手に入れましょう!
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。