アドバイス1 健康最優先、退職は早いほどいい

ご相談文、拝見しました。15年前から体調を崩され、よく今まで休職せずに頑張ってこられました。しかし、もう十分です。「できれば52歳で退職」とありますが、できる限り早く退職することをお勧めします。早ければ早いほどいいでしょう。そして、私は少なくとも1年は働かず、健康回復に努めるべきだと考えます。医療の専門家ではありませんが、焦ってまた体調が悪化しては元も子もありません。結果的に、家族に迷惑をかけることにもなります。くまちゃんさんの健康を第一に過ごすことが重要です。
 
早期退職で、心配されているのは収入面だと思います。そこで試算をしてみます。「急には辞められない」とありますが、ここでは「今すぐ辞めた場合」とします。したがって、世帯収入は奥様の月18万円の給与と年間85万円のボーナス(児童手当=残り受給総額50万円ほどは、便宜上ここで考慮せず、貯蓄に加算)だけとなります。
 
対して生活費ですが、まず、このタイミングで住宅ローンを繰上返済で完済してしまいます。ローン残高は1800万円なので、手持ち資金は9400万円(投資商品の評価額は今後変動しないとする)となります。ただし、退職金が入ります。50歳退職で2000万円とのことですから、今すぐの退職では10%減の1800万円か、低く見積もっても1500万円。これを加算すれば1億900万円は退職時にまだ手元にあることになります。

ちなみに退職時に住宅ローンを完済することで、支払い利息を165万円前後軽減できることになります。結果、残り2025年までの住宅ローン控除がなくなりますが、仮に10年分の控除を受けた後に2026年で完済するより、今すぐに完済した方が得となるはずです。
 

アドバイス2 退職を機に住宅ローンを完済

退職後の生活費ですが、住宅ローン以外は今と変わらないとすれば、家計は毎月11万円の赤字。さらに、あとで触れますが、くまちゃんさん加入の終身保険を払済保険とすれば、赤字額は9万5000円に減ります。

奥様のボーナスは貯蓄に回るので、結果的に年間の家計赤字は29万円。これを貯蓄で補填するわけですが、実際は失業給付が得られます。給付額は満額で総額90万円(基本手当上限、120日分支給を想定)ほどでしょうが、そこまで出なくても、手持ち資金はほぼ減らないと考えていいでしょう。
 
手持ち資金1億900万円から、今後発生するまとまった支出=資金を先に差し引いておきます。まず教育費ですが、1年後お子さんは12歳。希望されているとおり高校まで公立なら、大学が私立理系でも今後かかる費用は一般に1000万~1100万円。中学、高校が私立でも1500万円あれば十分でしょう。また、先の児童手当を教育費に充てれば、残る手持ち資金は9450万円となります。
あとはクルマの買い替えでしょうか。買い替えはご夫婦ともあと2、3回として、ざっくりと1000万円。それでも手持ち資金はまだ8450万円残ります。
 
1年間休んだあとの再就職ですが、くまちゃんさんの収入を手取り10万円、ボーナスはなしとします。もっと働けるかもしれませんが、無理は禁物です。これで、毎月の世帯収入は28万円。生活費は教育費を差し引いたので、ここではさらに下がって、毎月24万5000円。結果、毎月3万5000円の黒字ですから、ボーナスと合わせて127万円貯蓄できることになります。奥様が定年の60歳まで、夫婦でこのペースで働くと、8年間で貯蓄額は約1000万円。実際はお子さんの成長にともない生活費がアップするでしょうが、それでも500~800万円は貯められますから、奥様の退職金を加算して、この時点で少なくとも金融資産は9000万円前後となっています。
 

アドバイス3 保険は不要。必要な保障は貯蓄でカバーできる

65歳以降老後の生活費も同様に24万円(世帯の保険料コストはゼロ)とします。データにある年金額が、ともに定年まで働いた場合か、現時点での支払い保険料からの算出かは不明(「ねんきん定期便」からであれば後者)ですが、ここではデータどおりとして額面で22万3000円。手取り額は20万円程度でしょうか。これで毎月4万円の赤字。100歳まで生きるとして1680万円。予備費1000万円(医療・介護費、住宅リフォーム費など)も加えても、必要な老後資金は2700万円。定年から65歳まで貯蓄を取り崩さない程度に働けば6300万円、仮に奥様定年後、夫婦ともフルリタイアとなっても、4800万円は手元に残る計算になります。
 
そう考えれば、くまちゃんの再就職を退職後1年に限定せず、体調が戻らないなら、それを3年、5年と延ばしても資金的には困りません。本人はそこまで休むことに抵抗があるかもしれません。しかし、最初に触れたように、今後着手すべき最優先事項は健康の回復です。その間、今までできなかった家族との時間に充てたり、あるいは家事をしてみてもいいかもしれません。ともあれ、思い切った休職が今後の生活を豊かにすると考えてはどうでしょうか。
 
最後に保険について。くまちゃんさんの保険は不要です。したがって、先に触れましたが、現在加入のものは払済保険か解約で構いません。死亡保障も医療保障も今ある貯蓄でカバーできるからです。もちろん今後、保険に入る必要もありません。お子さんの保険も同様に不要です。奥様も基本的には保障は不要と言えますが、保険料が割安ですから、少なくとも定年時まではこのままでもいいでしょう。
 

相談者「くまちゃん」さんから寄せられた感想

今まで病状がなかなか良くならず、アーリーリタイアめざして無理して仕事し貯蓄に励んできましたが、明確に「大丈夫」とアドバイスを受け、スッと心の不安感がなくなった気がします。また妻も安心していました。これからは、まず健康の回復および家族との時間を大切にしつつ、その一方で社会との関わりが断絶しないように留意しながら生活していきたいと思います。また、趣味が少ないので家計を圧迫しない範囲で見つけていこうと思っています。いつも愛読しファンである深野先生をはじめ編集部のみなさま、的確なアドバイス本当にありがとうございました。


●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!



教えてくれたのは…… 
深野 康彦さん  
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武



【関連記事をチェック!】
57歳貯金4000万円、パワハラの会社に転職してしまい今後に危機感をもっています
59歳の夫は10年ほど前にアルバイトに。貯蓄が100万円ほどで不安で眠れないことがあります
57歳貯金600万円。夫が数年前に亡くなり、2人の子どもに毎月7万円ずつ家に入れてもらっています
51歳タクシー乗務員、貯金3000万。セミリタイアしたい
51歳貯金9000万円。体調を崩して転職したが、新たな職場も不安
51歳貯金1億。早期リタイア後子ども2人の教育費が心配

 

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。