老後のために今後どのくらい収入が必要ですか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、前職での激務で体調を崩し、51歳で転職をした会社員男性。ただし、そこも思っていた業務と違い、続けていくことに不安を感じるとのこと。老後が迫り、今後どの程度の収入なのか……。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)
 
前職の激務で体を壊し……

前職の激務で体を壊し……


★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

■相談者
ぴろあさん(仮名)
男性/会社員/51歳  
中部/持ち家(マンション)
 
■家族構成
妻(50歳/会社員)、子ども2人(大学4年生・会社員)
 
■相談内容 
部署異動による激務と環境変化により体調を崩したため、年度末で自己都合退職しました。先月より別業界の会社へ正社員として転職しました。ただし、求人内容と実際の業務が異なるため、継続するか含めて検討中です。給与は前職の半分程度なので、特にそこの会社にはこだわらなくてもいいと感じています。退職金は、企業年金支給分を含めて、税引後2000万円です。全て一時金による支給へ変更しました。公的年金は、妻の分を合わせて現時点で年300万円程度ですが、今後、私の収入が激減するため、よく見えません。民間の個人年金は、60歳から年間100万円程度です。マンションのローンはないので、管理費、駐車場代のみです。子どもの学費(大学院修了まで)は、貯金と別枠で確保済みです。今後、早急に体調を整えたあとペースを落とした仕事によりセミリタイアしたいと考えています。年収どれくらいを目標に仕事をすれば、老後も乗り切れるのでしょうか? ハローワークでもこの手の相談は受けてもらえないので困っています。
また、退職金の運用も思案中です(iDeCoは始めようと考えています)。ご教示よろしくお願いいたします。

■家計収支データ
相談者「ぴろあ」さんの家計収支データ

相談者「ぴろあ」さんの家計収支データ


■家計収支データ補足
(1)車両費について
1台所有、買い替えたばかり。ただし、5~10年後に500万円以内で買い替える可能性あり。
 
(2)加入保険について、合計3万6000円
♢本人/終身保険(死亡3000万円、終身部分300万円)=保険料支払い完了
♢本人/個人年金保険(60歳で10年確定、年金額70万円)
♢妻/終身保険(60歳払込み終了、死亡3000万円、終身部分300万円)
♢妻/個人年金(60歳で10年確定、年金額30万円)
 
(3)年金について
前職退職時の公的年金額。転職後の収入減により今後の受給金額が不明。
・老齢厚生年金:118万3700円
・老齢基礎年金:61万3700円
・加給年金:38万9800円
・配偶者の老齢基礎年金:77万9300円
 
(4)社会人の子どもからのお金について
社会人の子は生活費として3万円を家に入れているが、相談者が子どもの貯蓄に回しているので収支には計上していない。
 
(5)ぴろあさんの現在について
相談者コメント「正社員として前職と別業種へ就職しました。ペースを落とした仕事を考えていましたが、職務経歴より前職と同種の部署へ配属されたため、そこの会社で続けていくか検討中です。求職活動中に前職と同業種にも応募して内定もらいましたが、転職の意味がなくなってしまうため、内定辞退しています。手取り月収は20万円程度と見込んでいます。支給で26万円。前年の収入が多いので税金等でかなり源泉徴収されてしまうと思います」
 
(6)妻の働き方と家計
相談者コメント「妻は数年前に転職しており、65歳まで働きたいと言っています。ちなみに妻は、別財布なので貯蓄は把握していません。私の貯蓄には入っていません。多分、ほとんど貯蓄していないと言っていますので、妻の貯蓄は0円でお願いします」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 資金的には明日からリタイアも可能
アドバイス2 教育費がなくなったら「自分」のために使う
アドバイス3 大事なのは仕事を離れ、休息すること
 
アドバイスの詳細はこちら>>